雲・エアロゾル過程

HOME›雲・エアロゾル過程

融合研究プロジェクト
「雲・エアロゾル過程」

大気中に存在する粒子である雲・降水粒子とエアロゾルは密接に関係しており、これらはともに地球大気の放射収支における最も大きな不確定要素である。これまで、雲・降水粒子とエアロゾルの研究は、それぞれ異なる分野で研究が実施されてきた。この融合研究では、雲・エアロゾル粒子の研究を行ってきた研究者が協力して、エアロゾルから雲さらに降水粒子の形成過程、雲・降水過程によるエアロゾルの変動過程、雲・エアロゾル粒子の放射との相互作用とその効果について、室内実験、フィールド観測、および数値シミュレーションにより研究を実施する。室内実験やフィールド観測から得られる知見を総合して、雲解像モデルのエアロゾル過程として組み込み、氷晶や雲粒子の過程とともにエアロゾルや雲粒子の時空間変動の予測を行う(図1)。飛翔体観測推進センターと協力して、航空機や雲粒子ゾンデによる台風などの降水システムの粒子の直接観測を実施する(図2)。また、もう一つの融合研究「太陽活動の気候影響研究」と協力して、室内実験の知見をもとにした宇宙線によるエアロゾル生成のシミュレーションを行い、その雲形成へのインパクトについて検討する(図3)。

雲・エアロゾル過程 図1

図1:雲解像モデルにエアロゾル過程を導入し、雲の詳細シミュレーションを行う。また、顕微鏡を搭載した気球観測によるデータを用いて検証とモデルの改良を行う。

雲・エアロゾル過程 図2 雲・エアロゾル過程 図3

図2:飛翔体観測推進センターと協力して、航空機や雲粒子ゾンデによる台風などの降水システムの粒子の直接観測を実施する。

図3:雲・エアロゾルプロセスのシミュレーション、宇宙線によるエアロゾル生成とその雲形成へのインパクトについて検討する。

ページトップへ▲