セミナー情報


  • 研究室セミナ
  • 学生ゼミ

  • 豊川第2部門セミナ

    平成14年度セミナ
    平成15年度セミナ
    平成16年度セミナ


  • 研究室セミナ


  • 目的
    テキスト

    時間
    場所

    テキストの輪読を行い、内容を議論することにより、地球物理の研究に必要な知識を身に付ける。
    The solar-terrestrial environment, J. K. Hargreaves

    毎週水曜日 15:00-16:30
    理学部B館 529号室

     
    担当者 分担  
    4/13
    4/19(Tue)
    4/27
    5/4
    5/11
    5/18
    5/25
    6/1
    6/8
    6/15
    6/22
    7/1(Fri)
    7/6
    7/13
    7/20
    7/27
    9/2(Fri)
    9/7
    9/14
    9/22(Thu)
    9/28
    10/4(Tue)
    10/12
    10/20(Thu)14:00-
    10/27
    11/2
    11/9
    11/17(THU)13:30-
    11/22(Tue)
    12/2(Fri)
    12/7
    12/14
    12/21
    12/28
    1/4
    1/11
    1/18
    1/23(Mon)
    2/1
    2/8
    澤津橋、半田
    藤村
    藤村・足立
    休み
    藤村・足立
    休み
    休み
    岩橋
    津田
    澤津橋
    半田
    半田・藤村
    藤村
    津田
    津田・岩橋
    足立
    澤津橋
    半田
    休み
    足立
    休み
    半田
    岩橋
    津田
    澤津橋
    藤村
    半田
    澤津橋
    足立
    岩橋
    津田
    藤村
    藤村
    休み
    休み
    半田
    澤津橋
    足立
    岩橋
    津田
    1.1-1.2 (p1-3)、1.3-1.6 (p3-5)
    2.1 2.2 p6-p13
    2.2.4 2.3 p11-p20

    2.4 p20-p25
    出張者多数のため
    合同学会
    2.5 2.6 p25-p35
    2.7-2.8 p35-p43
    3.6.1-3.6.3 p77-p81
    3.6.4-3.6.5 p81-p88
    3.6.5 p86-88 4.1.1-4.1.1 p98-p100
    4.1.2-4.1.2 p100-p102
    4.1.3-4.1.5 p102-p108
    4.1.5-4.2.1・4.2.2-4.2.4 p108-p124
    4.3-4.4 p124-p131
    8.1.1-8.1.4 p312-p319
    8.1.5-8.2.3 p319-p327
    出張者多数
    8.3.1-8.3.2 p327-p335
    SGEPSS学会
    8.3.3-8.3.7 p335-p340
    8.3.8-8.4.3 p340-p346
    8.4.4-8.4.5 p346-p351
    8.5.1-8.5.2 p351-p355
    8.5.3-8.5.4 p355-p361
    5.1 -5.2.2 p132-
    5.2.3-5.2.5 p136-
    5.3.1-5.2.5 p143-
    5.4.1-5.4.4 p150-
    5.5.1-5.5.3 p156-
    5.6.1-5.6.2 p164-
    5.6.1-5.6.2 p164-
    年末
    年始
    5.6.3-5.7.1
    5.7.2 p169-
    5.7.3 p183-
    5.8.1-5.8.4 p189-
    5.9.1-5.10 p196  


  • 学生ゼミ


  • 目的

    時間
    場所

    発表練習と研究内容について議論をすることを目的とした学生によるゼミ

    月曜日 15:00-
    理学部B館 529号室

     
    講演者 題目  
    4/11
    4/18
    4/26(Tue)

    5/2
    5/9

    5/16
    5/23
    5/30

    6/6
    6/13

    6/20

    6/27
    7/11
    8/1



    9/5
    9/26
    10/3
    10/17


    10/26(Wed)
    15:30-

    11/14
    10:30-
    11/21


    12/1(Thu)
    12/5
    13:30-

    12/12
    12/19


    1/16
    1/24(Tue)
    14:30-


    1/30
    TBA
    野澤
    小川
    元場
    足立
    休み
    岩橋
    津田
    藤村
    休み
    澤津橋
    半田
    藤村
    津田

    半田
    津田
    澤津橋
    津田
    津田
    津田
    半田
    澤津橋
    M1, M2, D1
    津田
    M1, M2, D1
    澤津橋


    津田


    M1

    半田


    藤村
    半田


    M1, M2, D1
    澤津橋


    M1, M2, D1
    M2
    藤村
    中島章光
    (豊川2部門M2)
    藤村
    TBA
    東山2部門の研究について
    磁気圏と電離圏の関係 −イオンの輸送の観点から−
    超高層大気圏・電離圏における長期的変動
    トロムソにおける光学観測の概要

    極域中間圏で観測された大気波動について
    極冠域下部熱圏風の研究
    学会発表練習 PMAFの電磁気的特性の研究 prat2
    合同学会
    確率微分方程式を用いた宇宙線モジュレーションの研究
    Radial structure and transition of accretion disk
    研究報告 PMAFの電磁気的特性の研究
    研究報告 A study of the lower thermospheric wind in the polar cap
    on the basis of ESR data for summer days
    オーロラの発光機構とスペクトルについて
    CEDAR Workshop 発表練習
    オーロラの運動形態について
    CEDAR Report
    極地研シンポジウム発表練習

    活動報告 (夏休み前のまとめ)

    月一報告 (活動報告&今後の予定)
    SGEPSS秋季学会発表練習
    月一報告 (活動報告&今後の予定)
    論文紹介: Wilson, G. R., D. M. Ober, G. A. Germany, and E. J. Lund,
    The relationship between suprathermal heavy ion outflow
    and auroral electron energy deposition, J. Geophys. Res., 106, 18, 981, 2001
    論文紹介: Kosch, M. J., K. Cierpka, M. T. Rietveld, T. Hagfors and K. Schlegel,
    High-latitude ground-based observations of the thermospheric ion-drag time constant,
    Geophys. Res. Lett., 28, 7, 1395-1398, 2001
    月一報告
    活動報告&今後の予定
    論文紹介: Fujii, R., S. Nozawa, S. C. Buchert, N. Matuura, and A. Brekke,
    Study on neutral wind contribution to the electrodynamics in the polar ionosphere
    using EISCAT CP-1 data, J. Geophys. Res., 103, 14,731-14,739, 1998.
    これまでの研究と今後の解析予定
    論文紹介: Fujii, R., S. Nozawa, S. C. Buchert, and A. Brekke,
    Energy coupling between the magnetosphere, ionosphere and thermosphere,
    Adv. Space Res., 25, 1, 213-218, 2000.
    月一報告
    論文紹介: Wilson, G.R., D.M. Ober, G.A. Germany, and E.J Lund, Nightside auroral zone
    and polar cap ion outflow as a function of substorm size and phase,
    J. Geophys. Res., 109, A2, 10, doi:1029/2003JA009835, 2004
    月一報告
    修士論文発表練習
    高電子密度領域の電磁気的特性(仮題)
    FAST衛星が観測した磁気嵐時のbroadband electrons の
    ピッチ角分布と波動について
    修士論文発表練習
    TBA  

    戻る