能勢正仁のホームページ

研究・論文指導

年度と論文タイトル名のみ記載しています。学生氏名は省略しています。

博士論文 (5名)

  1. 平成17年度(2006年3月) "Outflow and charge-exchange losses of the ring-current ions during magnetic storms: Estimate based on measurement of energetic ions and neutral atoms"
  2. 平成21年度(2010年3月) "Studies on Pi2 pulsations in the inner magnetosphere observed by polar and equatorial orbiting satellites"
  3. 平成21年度(2010年3月) "Interaction between ion composition in the plasma sheet and substorm onsets: Geotail satellite observations"
  4. 令和元年度(2020年3月) "Energy transfer between Pc4-5 geomagnetic pulsations and energetic ions due to drift-bounce resonance in the Earth's magnetosphere"
  5. 令和元年度(2020年3月) "Excitation of high-m poloidal ULF waves in the inner magnetosphere: Importance of radial gradient of proton distributions in drift-bounce resonance and its creation due to storm/substorm activities"

修士論文 (14名)

  1. 平成14年度(2003年3月) "Origin of upstream events observed by Geotail/EPIC instrument"
  2. 平成16年度(2005年3月) "Charge states of injected O and He ions: Geotail/EPIC observation"
  3. 平成17年度(2006年3月) "Spatio-temporal evolution of H+, He2+, and O+ in the plasma sheet after IMF Bz turnings: Geotail/EPIC observations"
  4. 平成18年度(2007年3月) 「サブストーム時のプラズマシートにおけるH+, O+イオンの加速機構について」
  5. 平成18年度(2007年3月) 「磁気嵐主相・回復相での極域電離層イオン流出の異なる描像:IMAGE/LENA統計解析からの推測」("Storm phase dependence of ionospheric ion outflow: Statistical signatures obtained by IMAGE/LENA")
  6. 平成18年度(2007年3月) 「極軌道衛星DE-1によって広範囲に観測されたPi2地磁気脈動の励起機構の解明」("Excitation mechanism of Pi2 pulsation observed throughout the plasmasphere by polar orbiting DE-1 satellite")
  7. 平成20年度(2009年3月) "Change of longitudinal asymmetry of the ring current in short time scale observed by IMAGE satellite"
  8. 平成21年度(2010年3月) 「高エネルギー荷電粒子butterfly型ピッチ角分布の新生成機構:擾乱時磁気圏内での多重ピッチ角散乱」("A new generation mechanism of butterfly pitch angle distributions of energetic ions: Multiple pitch angle scattering in the stretched magnetic field")
  9. 平成23年度(2012年3月) 「内部磁気圏におけるイオンピッチ角分布の統計解析」("Statistical analysis of the ion pitch angle distribution in the inner magnetosphere")
  10. 平成25年度(2014年3月) 「内部磁気圏におけるプロトンと酸素イオンのピッチ角分布の統計解析」
  11. 平成26年度(2015年3月) 「内部磁気圏におけるULF波動の発生頻度分布とドリフトバウンス共鳴によるイオンフラックスの変動について」("Occurrence distribution of ULF waves in the inner magnetosphere and ion flux modulation due to drift-bounce resonance")
  12. 平成28年度(2017年3月) 「Van Allen Probes衛星で観測された、内部磁気圏におけるMagnetosonic wavesの励起と伝播」("Excitation and propagation of magnetosonic waves in the inner magnetosphere observed by Van Allen Probes")
  13. 平成30年度(2019年3月) 「日本上空の静止軌道衛星と準天頂軌道衛星の観測による磁場双極子化現象の伝播方向の統計解析」
  14. 令和2年度(2021年3月) 「磁気インピーダンスセンサを用いた低コスト地磁気観測システムの開発と多点観測への応用」

卒業論文 (11名)

  1. 平成14年度(2003年3月) 「昼側磁気圏で観測される粒子フラックス増加の時間分散性からわかるイオンの電荷と加速について」
  2. 平成15年度(2004年3月) 「高エネルギー粒子を用いた1衛星によるSC時Dayside Magnetopause変動の研究」
  3. 平成16年度(2005年3月) 「Pi2とサブストームの大きさについて」
  4. 平成16年度(2005年3月) 「太陽11年周期における鉄イオンの組成変化」
  5. 平成21年度(2010年3月) 「AE指数に寄与する磁場擾乱のMLT地磁気緯度依存性とAE指数改良の可能性」
  6. 平成22年度(2011年3月) 「アルフベン定在波から推定する内部磁気圏の質量密度分布」
  7. 平成23年度(2012年3月) 「オーロラ帯におけるサブストームに関わる地磁気擾乱についての解析」
  8. 平成24年度(2013年3月) 「低緯度における電離層アルフベン波共鳴現象(IAR)の解析」
  9. 平成26年度(2015年3月) "Estimation of plasmaspheric ion composition before 1975 using digitized data created by tracing analog magnetograms and the solar effect on its long-term variations"
  10. 平成28年度(2017年3月) 「磁気インピーダンス素子による地磁気計測実験」
  11. 令和2年度(2021年3月) 「機械学習によるPi2地磁気脈動の検出とリアルタイムサブストーム警報システムの構築」

講義・演習

平成13年度
  • 地球惑星科学課題演習D6 (3回生)
  • 太陽惑星系電磁気学ⅠA,ⅠB (院生講義) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅠA、ⅠB (談話会) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅡA、ⅡB (M1ゼミ) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅢA、ⅢB (MPEWG) (院生)
平成14年度
  • 地球惑星科学課題演習D6 (3回生)
  • 地球惑星科学課題研究T1(4回生)
  • 太陽惑星系電磁気学ⅠA,ⅠB (院生講義) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅠA、ⅠB (談話会) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅡA、ⅡB (M1ゼミ) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅢA、ⅢB (MPEWG) (院生)
平成15年度
  • 地球惑星科学課題演習D6 (3回生)
  • 地球惑星科学課題研究T1(4回生)
  • 太陽惑星系電磁気学ⅠA,ⅠB (院生講義) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅠA、ⅠB (談話会) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅡA、ⅡB (M1ゼミ) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅢA、ⅢB (MPEWG) (院生)
平成16年度
  • 地球惑星科学課題演習DB(前期) (3回生)
  • 地球惑星科学課題演習D7(後期) (3回生)
  • 地球惑星科学課題研究T1(4回生)
  • 太陽惑星系電磁気学ⅠA,ⅠB (院生講義) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅠA、ⅠB (談話会) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅡA、ⅡB (M1ゼミ) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅢA、ⅢB (MPEWG) (院生)
平成17年度
  • 地球惑星科学課題演習DB(前期) (3回生)
  • 地球惑星科学課題演習D7(後期) (3回生)
  • 太陽惑星系電磁気学ⅠA,ⅠB (院生講義) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅠA、ⅠB (談話会) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅡA、ⅡB (M1ゼミ) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅢA、ⅢB (MPEWG) (院生)
平成18年度
  • 地球惑星科学課題演習DB(前期) (3回生)
  • 太陽惑星系電磁気学ⅠA,ⅠB (院生講義) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅠA、ⅠB (談話会) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅡA、ⅡB (M1ゼミ) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅢA、ⅢB (MPEWG) (院生)
平成19年度
  • 太陽惑星系電磁気学ⅠA,ⅠB (院生講義) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅠA、ⅠB (談話会) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅡA、ⅡB (M1ゼミ) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅢA、ⅢB (MPEWG) (院生)
平成20年度
  • 地球惑星科学課題演習DB(前期) (3回生)
  • 地球惑星科学課題演習DD(後期) (3回生)
  • 太陽惑星系電磁気学ⅠA,ⅠB (院生講義) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅠA、ⅠB (談話会) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅡA、ⅡB (M1ゼミ) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅢA、ⅢB (MPEWG) (院生)
平成21年度
  • 地球科学実験A(前期) (1回生)
  • 地球惑星科学課題演習DD(後期) (3回生)
  • 地球惑星科学課題研究T1(4回生)
  • 太陽惑星系電磁気学ⅠA,ⅠB (院生講義) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅠA、ⅠB (談話会) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅡA、ⅡB (M1ゼミ) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅢA、ⅢB (MPEWG) (院生)
平成22年度
  • 地球科学実験A(前期) (1回生)
  • 地球惑星科学課題研究T1(4回生)
  • 太陽惑星系電磁気学ⅠA,ⅠB (院生講義) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅠA、ⅠB (談話会) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅡA、ⅡB (M1ゼミ) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅢA、ⅢB (MPEWG) (院生)
平成23年度
  • 地球惑星科学課題演習DD(後期) (3回生)
  • 地球惑星科学課題研究T1(4回生)
  • 太陽惑星系電磁気学ⅠA,ⅠB (院生講義) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅠA、ⅠB (談話会) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅢA、ⅢB (MPEWG) (院生)
平成24年度
  • 地球惑星科学課題演習DD(後期) (3回生)
  • 地球惑星科学課題研究T1(4回生)
  • 太陽惑星系電磁気学ⅠA,ⅠB (院生講義) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅠA、ⅠB (談話会) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅢA、ⅢB (MPEWG) (院生)
平成25年度
  • 地球惑星科学課題演習DB(前期) (3回生)
  • 太陽惑星系電磁気学ⅠA,ⅠB (院生講義) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅠA、ⅠB (談話会) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅢA、ⅢB (MPEWG) (院生)
平成26年度
  • 地球惑星科学課題演習DB(前期) (3回生)
  • 地球惑星科学課題研究T1(4回生)
  • 太陽惑星系電磁気学ⅠA,ⅠB (院生講義) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅠA、ⅠB (談話会) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅢA、ⅢB (MPEWG) (院生)
平成27年度
  • 地球惑星科学課題演習DB(前期) (3回生)
  • 地球惑星科学課題研究T1(4回生)
  • 太陽惑星系電磁気学ⅠA,ⅠB (院生講義) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅠA、ⅠB (談話会) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅢA、ⅢB (MPEWG) (院生)
平成28年度
  • 地球惑星科学課題演習DB(前期) (3回生)
  • 地球惑星科学課題演習DD(後期) (3回生)
  • 地球惑星科学課題研究T1(4回生)
  • 太陽惑星系電磁気学ⅠA,ⅠB (院生講義) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅠA、ⅠB (談話会) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅢA、ⅢB (MPEWG) (院生)
平成29年度
  • 地球惑星科学課題演習DB(前期) (3回生)
  • 太陽惑星系電磁気学ⅠA,ⅠB (院生講義) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅠA、ⅠB (談話会) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅢA、ⅢB (MPEWG) (院生)
平成30年度
  • 地球惑星科学課題演習DB(前期) (3回生)
  • 太陽惑星系電磁気学ⅠA (院生講義) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅠA (談話会) (院生)
  • 太陽惑星系電磁気学ゼミナールⅢA (MPEWG) (院生)
  • 卒業研究B (B4輪読会) (後期・2回・1限) (4年生)
  • 宇宙電磁観測セミナー (金曜セミナー) (後期・15回・2限) (院生)
平成31年度/令和元年度
  • 物理学実験 (後期・15回・2限) (1年生)
  • G30自動車のための電子・情報技術 (リレー講義・1回・1限・英語) (2年生)
  • 卒業研究A (B4輪読会) (前期・1回・1限) (4年生)
  • 卒業研究B (B4輪読会) (後期・1回・1限) (4年生)
  • データ解析処理論 (リレー講義・2回・1限・英語) (院生)
  • 宇宙電磁環境学特論 (後期・15回・1限) (院生)
  • 宇宙電磁観測セミナー (木曜セミナー) (通年・30回・2限) (院生)
令和2年度
  • 物理学実験 (後期・15回・2限) (1年生)
  • 卒業研究A (B4輪読会) (前期・1回・1限) (4年生)
  • 卒業研究B (B4輪読会) (後期・1回・1限) (4年生)
  • データ解析処理論 (リレー講義・3回・2限・英語) (院生)
  • 宇宙電磁観測セミナー (木曜セミナー) (通年・30回・2限) (院生)
令和3年度
  • 数学2及び演習 (前期・30回・3限) (2年生)
  • 卒業研究A (B4輪読会) (前期・1回・1限) (4年生)
  • 卒業研究B (B4輪読会) (後期・1回・1限) (4年生)
  • データ解析処理論 (リレー講義・3回・2限・英語) (院生)
  • 宇宙電磁観測セミナー (木曜セミナー) (通年・30回・2限) (院生)

その他

アウトリーチ

  1. 平成17年1月31日, 群馬県立前橋高校(京都大学にて),「地磁気のおはなし」
  2. 平成22年1月9日, 韓国・Kyung-Hee University(京都大学にて), "Introduction to Geomagnetism"
  3. 平成22年6月24日, 気象庁地磁気観測所, 「地球科学における電磁気学」
  4. 平成24年4月, 京都大学博物館、特別展「京大日食展 コロナ百万度を超えて」に企画協力
  5. 平成26年7月 京都大学博物館、特別展「明月記と最新宇宙像」に企画協力
  6. 令和元年6月15日, 宇宙地球環境研究所一般公開, 「地球の磁場を測ってグラフ化してみよう!」

インターンシップ

  1. 令和元年8月26日-9月6日, "A study on the link between neutral mass density and electromagnetic disturbances using SWARM data and Dst-index" (Student from Philippine)