Dr. Takayuki UMEDA
Associate Professor

Center for Integrated Data Science
Institute for Space-Earth Environmental Research
Nagoya University
Nagoya, Aichi 464-8601, JAPAN

Email: taka.umeda @ nagoya-u.jp
Tel: +81-52-747-6351
Fax: +81-52-747-6334

セールス等はお断りしておりますのでご遠慮ください

査読付論文 (Refereed Articles)

主著論文 (First author)

  1. Umeda, T., Evaluating higher moments in the transverse Kelvin-Helmholtz instability by full kinetic simulation, Physics of Plasmas, Vol.27, No.3, 032112 (8pp.), 2020.

  2. Umeda, T., N. Tusjine, and Y. Nariyuki, Vlasov code simulation of contact discontinuities, Physics of Plasmas, Vol.26, No.10, 102107 (10pp.), 2019.

  3. Umeda, T., Multi-step Boris rotation schemes for Lorentz force equation of charged particles, Computer Physics Communications, Vol.237, pp.37-41, 2019.

  4. Umeda, T., R. Yamazaki, Y. Ohira, N. Ishizaka, S. Kakuchi, Y. Kuramitsu, S. Matsukiyo, I. Miyata, T. Morita, Y. Sakawa, T. Sano, S. Sei, S. J. Tanaka, H. Toda, and S. Tomita, Full particle-in-cell simulation of the interaction between two plasmas for laboratory experiments on the generation of magnetized collisionless shocks with high-power lasers, Physics of Plasmas, Vol.26, No.3, 032303 (8pp.), 2019.

  5. Umeda, T., and T. K. M. Nakamura, Electromagnetic linear dispersion relation for plasma with a drift across magnetic field revisited, Physics of Plasmas, Vol.25, No.10, 102109 (11pp.), 2018.

  6. Umeda, T., and Y. Daicho, Periodic self-reformation of rippled perpendicular collisionless shocks in two dimensions, Annales Geophysicae, Vol.36, No.4, pp.1047-1055, 2018.

  7. Umeda, T., S. Saito, and Y. Nariyuki, Decay of nonlinear whistler mode waves: 1D versus 2D, Physics of Plasmas, Vol.25, No.7, 072118 (8pp.), 2018.

  8. Umeda, T., A three-step Boris integrator for Lorentz force equation of charged particles, Computer Physics Communications, Vol.228, pp.1-4, 2018.

  9. Umeda, T., and Y. Wada, Non-MHD effects in the nonlinear development of the MHD-scale Rayleigh-Taylor instability, Physics of Plasmas, Vol.24, No.7, 072307 (10pp.), 2017.

  10. Umeda, T., S. Saito, and Y. Nariyuki, Rapid decay of nonlinear whistler waves in two dimensions: Full particle simulation, Physics of Plasmas, Vol.24, No.5, 054503 (4pp.), 2017.

  11. Umeda, T., and Y. Wada, Secondary instabilities in the collisionless Rayleigh-Taylor instability: Full kinetic simulation, Physics of Plasmas, Vol.23, No.11, 112117 (8pp.), 2016.

  12. Umeda, T., and K. Fukazawa, Performance comparison of Eulerian kinetic Vlasov code between flat-MPI parallelism and hybrid parallelism on Fujitsu FX100 supercomputer, Proceedings of the 23rd European MPI Users' Group Meeting, pp.218-221, 2016.

  13. Umeda, T., N. Yamauchi, Y. Wada, and S. Ueno, Evaluating gyro-viscosity in the Kelvin-Helmholtz instability by kinetic simulations, Physics of Plasmas, Vol.23, No.5, 054506 (4pp.), 2016.

  14. Umeda, T., and S. Oya, Performance comparison of parallel sorting with OpenMP, Proceedings of 2015 Third International Symposium on Computing and Networking (CANDAR), pp.334-340, 2015.

  15. Umeda, T., and K. Fukazawa, A high-resolution global Vlasov simulation of a small dielectric body with a weak intrinsic magnetic field on the K computer, Earth, Planets and Space, Vol.67, No.1, 49 (8pp.), 2015.

  16. Umeda, T., S. Saito, and Y. Nariyuki, Electron acceleration during the decay of nonlinear whistler waves in low-beta electron-ion plasma, Astrophysical Journal, Vol.794, No.1, 63 (10pp.), 2014.

  17. Umeda, T., S. Ueno, and T. K. M. Nakamura, Ion kinetic effects to nonlinear processes of the Kelvin-Helmholtz instability, Plasma Physics and Controlled Fusion, Vol.56, No.7, 075006 (11pp.), 2014.

  18. Umeda. T., and Y. Ito, Entry of solar-wind ions into the wake of a small body with a magnetic anomaly: A global Vlasov simulation, Planetary and Space Science, Vol.93-94, pp.35-40, 2014.

  19. Umeda, T., Y. Kidani, S. Matsukiyo, and R. Yamazaki, Dynamics and microinstabilities at perpendicular collisionless shock: A comparison of large-scale two-dimensional full particle simulations with different ion to electron mass ratio, Physics of Plasmas, Vol.21, No.2, 022102 (10pp.), 2014.

  20. Umeda, T., Y. Ito, and K. Fukazawa, Global Vlasov simulation on magnetospheres of astronomical objects, Journal of Physics: Conference Series, Vol.454, 012005 (9pp.), 2013.

  21. Umeda, T., S. Matsukiyo, T. Amano, and Y. Miyoshi, A numerical electromagnetic linear dispersion relation for Maxwellian ring-beam velocity distributions, Physics of Plasmas, Vol.19, No.7, 072107 (8pp.), 2012.

  22. Umeda, T., K. Fukazawa, Y. Nariyuki, and T. Ogino, A scalable full electromagnetic Vlasov solver for cross-scale coupling in space plasma, IEEE Transactions on Plasma Science, Vol.40, No.5, 1421-1428, 2012.

  23. Umeda, T., M. Ashour-Abdalla, J. S. Pickett, and M. L. Goldstein, Vlasov simulation of electrostatic solitary structures in multi-component plasmas, Journal of Geophysical Research, Vol.117, No.A5, A05223 (7pp.), 2012.

  24. Umeda, T., Y. Kidani, S. Matsukiyo, and R. Yamazaki, Microinstabilities at perpendicular collisionless shocks: A comparison of full particle simulations with different ion to electron mass ratio, Physics of Plasmas, Vol.19, No.4, 042109 (9pp.), 2012.

  25. Umeda, T., Y. Kidani, S. Matsukiyo, and R. Yamazaki, Modified two-stream instability at perpendicular collisionless shocks: Full particle simulations, Journal of Geophysical Research, Vol.117, No.A3, A03206 (11pp.), 2012.

  26. Umeda, T., Effect of ion cyclotron motion on the structure of wakes: A Vlasov simulation, Earth, Planets and Space, Vol.64, No.2, pp.231-236, 2012.

  27. Umeda, T., Y. Nariyuki, and D. Kariya, A non-oscillatory and conservative semi-Lagrangian scheme with fourth-degree polynomial interpolation for solving the Vlasov equation, Computer Physics Communications, Vol.183, No.5, pp.1094-1100, 2012.

  28. Umeda, T., M. Yamao, and R. Yamazaki, Cross-scale coupling at a perpendicular collisionless shock, Planetary and Space Science, Vol.59, No.7, pp.449-455, 2011.

  29. Umeda, T., T. Kimura, K. Togano, K. Fukazawa, Y. Matsumoto, T. Miyoshi, N. Terada, T. K. M. Nakamura, and T. Ogino, Vlasov simulation on the interaction between solar wind and a dielectric body, Physics of Plasmas, Vol.18, No.1, 012908 (7pp.), 2011.

  30. Umeda, T., Y. Kidani, M. Yamao, S. Matsukiyo, and R. Yamazaki, On the reformation at quasi- and exactly perpendicular shocks: Full particle-in-cell simulations, Journal of Geophysical Research, Vol.115, No.A9, A10250 (7pp.), 2010.

  31. Umeda, T., J. Miwa, Y. Matsumoto, T. K. M. Nakamura, K. Togano, K. Fukazawa, and I. Shinohara, Full electromagnetic Vlasov code simulation of the Kelvin-Helmholtz instability, Physics of Plasmas, Vol.17, No.5, 052311 (10pp.), 2010.

  32. Umeda, T., K. Togano, and T. Ogino, Structures of diffusion regions in collisionless magnetic reconnection, Physics of Plasmas, Vol.17, No.5, 052103 (6pp.), 2010.

  33. Umeda, T., Electromagnetic plasma emission during beam-plasma interaction: Parametric decay versus induced scattering, Journal of Geophysical Research, Vol.115, No.A1, A01204 (6pp.), 2010.

  34. Umeda, T., M. Yamao, and R. Yamazaki, Electron acceleration at a low-Mach-number perpendicular collisionless shock, Astrophysical Journal, Vol.695, No.1, pp.574-579, 2009.

  35. Umeda, T., K. Togano, and T. Ogino, Two-dimensional full-electromagnetic Vlasov code with conservative scheme and its application to magnetic reconnection, Computer Physics Communications, Vol.180, No.3, pp.365-374, 2009.

  36. Umeda, T., and T. Ito, Vlasov simulation of Langmuir decay instability, Physics of Plasmas, Vol.15, No.8, 084503 (4pp.), 2008.

  37. Umeda, T., A conservative and non-oscillatory scheme for Vlasov code simulations, Earth, Planets and Space, Vol.60, No.7, pp.773-779, 2008.

  38. Umeda, T., M. Yamao, and R. Yamazaki, Two-dimensional full particle simulation of a perpendicular collisionless shock with a shock-rest-frame model, Astrophysical Journal Letters, Vol.681, No.2, pp.L85-L88, 2008.

  39. Umeda, T., Generation of low-frequency electrostatic and electromagnetic waves as nonlinear consequences of beam-plasma interactions, Physics of Plasmas, Vol.15, No.6, 064502 (4pp.), 2008.

  40. Umeda, T., Numerical study of electrostatic electron cyclotron harmonic wave due to Maxwellian ring velocity distributions, Earth, Planets and Space, Vol.59, No.11, pp.1205-1210, 2007.

  41. Umeda, T., Vlasov simulation of Langmuir wave packets, Nonlinear Processes in Geophysics, Vol.14, No.5, pp.671-679, 2007.

  42. Umeda, T., M. Ashour-Abdalla, D. Schriver, R. L. Richard, and F. V. Coroniti, Particle-in-cell simulation of Maxwellian ring velocity distribution, Journal of Geophysical Research, Vol.112, No.A4, A04212 (8pp.), 2007.

  43. Umeda, T., M. Ashour-Abdalla, and D. Schriver, Comparison of numerical interpolation schemes for one-dimensional electrostatic Vlasov code, Journal of Plasma Physics, Vol.72, No.6, pp.1057-1060, 2006.

  44. Umeda, T., Y. Omura, T. Miyake, H. Matsumoto, and M. Ashour-Abdalla, Nonlinear evolution of the electron two-stream instability: Two-dimensional particle simulations, Journal of Geophysical Research, Vol.111, No.A10, A10206 (9pp.), 2006.

  45. Umeda, T., and R. Yamazaki, Full particle simulation of a perpendicular collisionless shock: A shock-rest-frame model, Earth, Planets and Space, Vol.58, No.10, pp.e41-e43, 2006.

  46. Umeda, T., Vlasov simulation of amplitude-modulated Langmuir waves, Physics of Plasmas, Vol.13, No.9, 092304 (5pp.), 2006.

  47. Umeda, T., Y. Omura, and H. Matsumoto, Two-dimensional particle simulation of electromagnetic field signature associated with electrostatic solitary waves, Journal of Geophysical Research, Vol.109, No.A2, A02207 (10pp.), 2004.

  48. Umeda, T., Y. Omura, T. Tominaga, and H. Matsumoto, A new charge conservation method in electromagnetic particle-in-cell simulations, Computer Physics Communications, Vol.156, No.1, pp.73-85, 2003.

  49. Umeda, T., Y. Omura, P. H. Yoon, R. Gaelzer, and H. Matsumoto, Harmonic Langmuir waves. III. Vlasov simulation, Physics of Plasmas, Vol.10, No.2, pp.382-391, 2003.

  50. Umeda, T., Y. Omura, H. Matsumoto, and H. Usui, Formation of electrostatic solitary waves in space plasmas: Particle simulations with open boundary conditions, Journal of Geophysical Research, Vol.107, No.A12, 1449 (16pp.), 2002.

  51. Umeda, T., Y. Omura, and H. Matsumoto, An improved masking method for absorbing boundaries in electromagnetic particle simulations, Computer Physics Communications, Vol.137, No.2, pp.286-299, 2001.

共著論文 (Co-author)

  1. Tsujine, N., T. Haruki, T. Umeda, Y. Nariyuki, and M. Sato, Stability of contact discontinuities in electrostatic hybrid- and full-Vlasov simulations, Plasma and Fusion Research, Vol.15, 1401002 (6pp.), 2020.

  2. Yamazaki, R., A. Shinoda, T. Umeda, and S. Matsukiyo, Mach number and plasma beta dependence of the ion temperature perpendicular to the external magnetic field in the transition region of perpendicular collisionless shocks, AIP Advances, Vol.9, No.12, 125010 (4pp.), 2019.

  3. Nakamura, T. K. M., T. Umeda, R. Nakamura, H. S. Fu, and M Oka, Disturbance of the front region of magnetic reconnection outflow jets due to the lower-hybrid drift instability, Physical Review Letters, Vol.123, No.23, 235101 (6pp.), 2019.

  4. Saito, S., Y. Nariyuki, and T. Umeda, Magnetosonic/whistler mode turbulence influences on ion dynamics, Physics of Plasmas, Vol.25, No.12, 122301 (10pp.), 2018.

  5. Teh, W.-L., T. Nakamura, R. Nakamura, and T. Umeda, Oblique ion‐scale magnetotail flux ropes generated by secondary tearing modes, Journal of Geophysical Research: Space Physics, Vol.123, No.10, 8122-8130, 2018.

  6. Fukazawa, K., M. Ueda, Y. Inadomi, M. Aoyagi, T. Umeda, and K. Inoue, Performance analysis of CPU and DRAM power constrained systems with magnetohydrodynamic simulation code, Proceedings of 2018 IEEE 20th International Conference on High Performance Computing and Communications; IEEE 16th International Conference on Smart City; IEEE 4th International Conference on Data Science and Systems (HPCC/SmartCity/DSS), 626-631, 2018.

  7. Zenitani, S., and T. Umeda, On the Boris solver in particle-in-cell simulation, Physics of Plasmas, Vol.25, No.11, 112110 (7pp.), 2018.

  8. Saito, S., Y. Nariyuki, and T. Umeda, Generation of intermittent ion acoustic waves in whistler-mode turbulence, Physics of Plasmas, Vol.24, No.7, 072304 (7pp.), 2017.

  9. Nakamura, T. K. M., R. Nakamura, W. Baumjohann, T. Umeda, and I. Shinohara, Three-dimensional development of front region of plasma jets generated by magnetic reconnection, Geophysical Research Letters, Vol.43, No.16, pp.8356-8364, 2016.

  10. Shoji, Y., R. Yamazaki, S. Tomita, Y. Kawamura, Y. Ohira, S.Tomiya, Y. Sakawa, T. Sano, Y. Hara, S. Kondo, H. Shimogawara, S. Matsukiyo, T. Morita, K. Tomita, H. Yoneda, K. Nagamine, Y. Kuramitsu, T. Moritaka, N. Ohnishi, T. Umeda, and H. Takabe, Toward the Generation of Magnetized Collisionless Shocks with High-Power Lasers, Plasma and Fusion Research, 11, 3401031 (3pp.), 2016

  11. Nariyuki, Y., T. Umeda, T. K. Suzuki, and T. Hada, Note on one-fluid modeling of low-frequency Alfvenic fluctuations in a solar wind plasma with multi-ion components, Physics of Plasmas, Vol.22, No.12, 124502 (4pp.), 2015.

  12. Saito, S., T. Umeda, and Y. Nariyuki, Nonlinear damping of a finite amplitude whistler wave due to modified two stream instability, Physics of Plasmas, Vol.22, No.7, 072105 (7pp.), 2015.

  13. Zenitani, S., and T. Umeda, Some remarks on the diffusion regions in magnetic reconnection, Physics of Plasmas, Vol.21, No.3, 034503 (5pp.), 2014.

  14. Nariyuki, Y., T. Umeda, T. K. Suzuki, and T. Hada, Ion acceleration by parallel propagating nonlinear Alfven wave packets in a radially expanding plasma, Nonlinear Processes in Geophysics, Vol.21, No.1, 339-346, 2014.

  15. Nariyuki, Y., S. Saito, and T. Umeda, A primitive kinetic-fluid model for quasi-parallel propagating magnetohydrodynamic waves, Physics of Plasmas, Vol.20, No.7, 072115 (9pp.), 2013.

  16. Fukazawa, K., and T. Umeda, Performance measurement of magnetohydrodynamic code for space plasma on the typical scalar type supercomputer systems with the large number of cores, International Journal of High Performance Computing Applications, Vol.26, No.3, 310-318, 2012.

  17. Matsukiyo, S., Y. Ohira, R. Yamazaki, and T. Umeda, Relativistic electron shock drift acceleration in low Mach number galaxy cluster shocks, Astrophysical Journal, Vol.742, No.1, 47 (9pp.), 2011.

  18. Saito, S., and T. Umeda, Suppression of reflected electrons by kinetic Alfven turbulence in a quasi-perpendicular shock: Particle-in-cell simulations, Astrophysical Journal, Vol.736, No.1, 35 (6pp.), 2011.

  19. Pavan, J., P. H. Yoon, and T. Umeda, Quasilinear theory and simulation of Buneman instability, Physics of Plasmas, Vol.18, No.4, 042307 (6pp.), 2011.

  20. Nariyuki, Y., T. Umeda, T. Kumashiro, and T. Hada Nonlinear evolution of parallel propagating Alfven waves: Vlasov-MHD simulation, Planetary and Space Science, Vol.59, No.8, pp.767-771, 2011.

  21. Amano, T., K. Seki, Y. Miyoshi, T. Umeda, Y. Matsumoto, Y. Ebihara, and S. Saito, Self-consistent kinetic numerical simulation model for ring current particles in the Earth's inner magnetosphere, Journal of Geophysical Research, Vol.116, Np.A2, A02216 (15pp.), 2011.

  22. Jain, N., T. Umeda, and P. H. Yoon, Modeling nonlinear development of Buneman instability with linear dispersion theory, Plasma Physics and Controlled Fusion, Vol.53, No.2, 025010 (11pp.), 2011.

  23. Yoon, P. H., and T. Umeda, Nonlinear turbulence theory and simulation of Buneman instability, Physics of Plasmas, Vol.17, No.11, 112317 (7pp.), 2010.

  24. Matsumoto, Y., N. Terada, T. Miyoshi, K. Fukazawa, T. Umeda, T. Ogino, and K. Seki, Comparative study of global MHD simulations of the terrestrial magnetosphere with different numerical schemes, IEEE Transactions on Plasma Science, Vol.38, No.9, pp.2229-2235, 2010.

  25. Miyoshi, T., N. Terada, Y. Matsumoto, K. Fukazawa, T. Umeda, and K. Kusano, The HLLD approximate Riemann solver for magnetospheric simulation, IEEE Transactions on Plasma Science, Vol.38, No.9, pp.2236-2242, 2010.

  26. Fukazawa, K., T. Umeda, T. Miyoshi, N. Terada, Y. Matsumoto, and T. Ogino, Performance measurement of magneto-hydro-dynamic code for space plasma on the various scalar type supercomputer systems, IEEE Transactions on Plasma Science, Vol.38, No.9, pp.2254-2259, 2010.

  27. Nariyuki, Y., and T. Umeda, On the nonlinearity of the Langmuir turbulence excited by a weak electron beam-plasma interaction, Physics of Plasmas, Vol.17, No.5, 054506 (4pp.), 2010.

  28. Kumashiro, T., T. Hada, Y. Nariyuki, and T. Umeda, Vlasov simulation of finite amplitude magnetohydrodynamic waves in the solar wind: Development of Vlasov-Hall-MHD code, Journal of Plasma and Fusion Research SERIES, Vol.8, pp.0831-0836, 2009.

  29. Tanaka, S., T. Umeda, Y. Matsumoto, T. Miyoshi, and T. Ogino, Implementation of non-oscillatory and conservative scheme into magnetohydrodynamic equations, Earth, Planets and Space, Vol.61, No.7, pp.895-903, 2009.

  30. Bosqued, J. M., M. Ashour-Abdalla, T. Umeda, M. El Alaoui, V. Peroomian, H. U. Frey, A. Marchaudon, and H. Laakso, Cluster observations and numerical modeling of energy-dispersed Ionospheric H+ ions bouncing at the plasma sheet boundary layer, Journal of Geophysical Research, Vol.114, No.A4, A04216 (28pp.), 2009.

  31. Ashour-Abdalla, M., J. M. Bosqued, M. El Alaoui, V. Peroomian, T. Umeda, and R. J. Walker, Modeling PSBL high speed ion beams observed by Cluster and Double Star, Advances in Space Research, Vol.41, No.10, pp.1598-1610, 2008.

  32. Tanaka, S., T. Ogino, and T. Umeda, Parametric decay of circularly polarized Alfven waves in the radially expanding solar wind, Journal of Geophysical Research, Vol.112, No.A10, A10110 (7pp.), 2007.

  33. Ryu, C.-M., T. Rhee, T. Umeda, P. H. Yoon, and Y. Omura, Turbulent acceleration of superthermal electrons, Physics of Plasmas, Vol.14, No.10, 100701 (4pp.), 2007.

  34. Bosqued, J. M., M. Ashour-Abdalla, A. Marchaudon, H. Laakso, T. Umeda, M. El Alaoui, V. Peroomian, H. Reme, G. Paschmann, M. Dunlop, and A. Fazakerley, Cluster observations of energetic ionospheric ion beams in the auroral region: Acceleration and associated energy-dispersed precipitation, Geophysical Research Letters, Vol.33, No.12, L12102 (4pp.), 2006.

  35. Omura, Y., W. J. Heikkila, T. Umeda, K. Ninomiya, and H. Matsumoto, Particle simulation of plasma response to an applied electric field parallel to magnetic field lines, Journal of Geophysical Research, Vol.108, No.A5, 1197 (7pp.), 2003.

  36. Gaelzer, R., P. H. Yoon, T. Umeda, Y. Omura, and H. Matsumoto, Harmonic Langmuir waves. II. Turbulence spectrum, Physics of Plasmas, Vol.10, No.2, pp.373-381, 2003.

  37. Yoon, P. H., R. Gaelzer, T. Umeda, Y. Omura, and H. Matsumoto, Harmonic Langmuir waves. I. Nonlinear dispersion relation, Physics of Plasmas, Vol.10, No.2, pp.364-372, 2003.

  38. Omura, Y., H. Kojima, T. Umeda, and H. Matsumoto, Observational evidence of dissipative small scale processes: Geotail spacecraft observation and simulation of electrostatic solitary waves, Astrophysics and Space Science, Vol.277, No.1, pp.45-57, 2001.


著書 (Books)

  1. Umeda, T., Paradigm shift in program structure of particle-in-cell simulations, In: Parallel Computing: Technology Trends, Advances in Parallel Computing, Vol.36, edited by I. Foster, G. R. Joubert, L. Kucera, W. E. Nagel, and F, Peters, pp.455-463, IOS Press-Amsterdam Berlin Tokyo Washington DC, 2020.

  2. Umeda, T., and K. Fukazawa, Performance comparison of Eulerian kinetic Vlasov code between Xeon Phi KNL and Xeon Broadwell, In: AsiaSim 2018, Communications in Computer and Information Science, Vol.946, edited by Liang Li, Kyoko Hasegawa, and Satoshi Tanaka, pp.143-150, Springer-Singapore, 2018. (ISBN: 978-981-13-2853-4)

  3. Fukazawa, K., T. Soga, T. Umeda, and T. Nanri, Performance evaluation and optimization of magnetohydrodynamic simulation for planetary magnetosphere with Xeon Phi KNL, In: Parallel Computing is Everywhere, Advances in Parallel Computing, Vol.32, edited by S. Bassini, M. Danelutto, P. Dazzi, G. R. Joubert, and F. Peters, pp.178-187, IOS Press-Amsterdam Berlin Tokyo Washington DC, 2018. (ISBN: 978-1-61499-842-6)

  4. Umeda, T., and K. Fukazawa, Hybrid parallelization of hyper-dimensional Vlasov code with OpenMP loop collapse directive, In: Parallel Computing: On the Road to Exascale, Advances in Parallel Computing, Vol.27, edited by G. R. Joubert, H. Leather, M. Parsons, F. Peters, and M. Sawyer, pp.265-274, IOS Press-Amsterdam Berlin Tokyo Washington DC, 2016. (ISBN: 978-1-61499-620-0)

  5. Umeda, T., and K. Fukazawa, Performance tuning of Vlasov code for space plasma on the K computer, In: AsiaSim 2014, Communications in Computer and Information Science, Vol.474, edited by S. Tanaka, K. Hasegawa, X. Rui, and S. J. Turner, pp.127-138, Springer-Verlag Berlin Heidelberg, 2014. (ISBN: 978-3-662-45288-2)

  6. Fukazawa, K., T. Nanri, and T. Umeda, Performance measurements of MHD simulation for planetary magnetosphere on Peta-scale computer FX10, In: Parallel Computing: Accelerating Computational Science and Engineering, Advances in Parallel Computing, Vol.25, edited byM. Bader, A. Bode, H.-J. Bungartz, M. Gerndt, G.R. Joubert, and F. Peters, pp.387-394, IOS Press-Amsterdam Berlin Tokyo Washington, DC, 2014. (ISBN: 978-1-61499-381-0)

  7. Umeda, T., and K. Fukazawa, Performance measurement of parallel Vlasov code for space plasma on scalar-type supercomputer systems with large number of cores, In: AsiaSim 2013, Communications in Computer and Information Science, Vol.402, edited by G. Tan, G. K. Yeo, S. J. Turner, and Y. M. Teo, pp.561-569, Springer-Verlag Berlin Heidelberg, 2013. (ISBN: 978-3-642-45036-5)

  8. Fukazawa, K., T. Nanri, and T. Umeda, Performance evaluation of magnetohydrodynamics simulation for magnetosphere on K computer, In: AsiaSim 2013, Communications in Computer and Information Science, Vol.402, edited by G. Tan, G. K. Yeo, S. J. Turner, and Y. M. Teo, pp.570-576, Springer-Verlag Berlin Heidelberg, 2013. (ISBN: 978-3-642-45036-5)

  9. Umeda, T., and K. Fukazawa, Performance measurement of parallel Vlasov code for space plasma on various scalar-type supercomputer systems, In: Algorithms and Architectures for Parallel Processing, Lecture Notes in Computer Science, Vol.7439, edited by Y. Xiang, I. Stojmenovic, B. O. Apduhan, G. Wang, K. Nakano, and A. Zomaya, pp.233-240, Springer-Verlag Berlin Heidelberg, 2012. (ISBN: 978-3-642-33077-3)

  10. Umeda, T., Simulation of collisionless plasma with the Vlasov method, In: Computer Physics, edited by B. S. Doherty and A. N. Molloy, pp.315-332, Nova Science-New York, 2012. (ISBN: 978-1-61324-790-7)

  11. Umeda, T., Y. Matsumoto, T. K. M. Nakamura, K. Fukazawa, and T. Ogino, Vlasov code simulation of cross-scale coupling in space plasmas, In: Numerical Modeling of Space Plasma Flows: ASTRONUM-2010, ASP Conference Series, Vol.444, edited by N. V. Pogorelov, E. Audit, and G. P. Zank, pp.182-187, Astronomical Society of the Pacific-San Francisco, 2011. (ISBN: 978-1-58381-768-1)

  12. Umeda, T., Electromagnetic waves in plasma, In: Wave Propagation, edited by A. Petrin, pp.311-330, InTech-Rijeka, 2011. (ISBN: 978-953-307-275-3)

  13. Omura, Y., T. Umeda, and H. Matsumoto, Simulation of electron beam instabilities and nonlinear potential structures, In: Space Plasma Simulation, Lecture Notes in Physics, Volume 615, edited by J. Buchner, C. T. Dum, and M. Scholer, pp.79-92, Springer-Verlag Berlin Heidelberg New York, 2003. (ISBN: 978-3-540-00698-5)


招待講演 (Invited Talks)

  1. Umeda, T., Self-reformation of rippled perpendicular collisionless shocks: Full particle simulations, 14th International Conference on Numerical Modeling of Space Plasma Flows (ASTRONUM 2019), Paris, France, July 2019.

  2. Umeda, T., Vlasov simulation tutorial, 13th International School/Symposium for Space Simulations, Los Angeles, USA, September 2018.

  3. Umeda, T., Vlasov code handson, 13th International School/Symposium for Space Simulations, Los Angeles, USA, September 2018.

  4. 梅田 隆行, 宇宙プラズマの運動論シミュレーション, 第34回計算数理工学フォーラム, 名古屋大学東山キャンパス, 2018年3月.

  5. 梅田 隆行, 宇宙プラズマの第一原理ブラソフシミュレーション, KOBE HPC Spring School 2017, 神戸大学計算科学教育センター, 2017年3月.

  6. 梅田 隆行, 宇宙プラズマの第一原理ブラソフコードの性能評価, 平成27年度「京」における高速化ワークショップ, 秋葉原UDX, 2015年12月.

  7. 梅田 隆行, 弱磁化小天体のグローバルブラソフシミュレーション, Plasma Conference 2014, 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター, 2014年11月.

  8. 梅田 隆行, プラズマシミュレーションにおける粒子法, 先駆的科学計算に関するフォーラム2014 〜数値シミュレーションと並列化技術〜, リファレンス駅東ビル福岡, 2014年8月.

  9. 梅田 隆行, 寺田直樹, 惑星圏研究における計算科学と計算機, 6次元計算(エクサ)に向けた、現状(京)を踏まえ, 計算惑星科学シンポジウム, 石垣港離島ターミナル会議室, 2013年11月.

  10. 梅田 隆行, 京コンピュータを用いた宇宙プラズマの第一原理ブラソフシミュレーション, サイエンティフィック・システム研究会 科学技術計算分科会 2013年度会合「ペタからエクサへの課題」, ホテルオークラ神戸, 2013年10月.

  11. Umeda, T., Vlasov simulation tutorial, 11th International School/Symposium for Space Simulations, Zhongli, Taiwan, July 2013.

  12. Umeda, T., Vlasov code handson, 11th International School/Symposium for Space Simulations, Zhongli, Taiwan, July 2013.

  13. Umeda, T., Y. Kidani, S. Matsukiyo, and R. Yamazaki, Reformation at perpendicular collisionless shocks, 7th International Conference on Numerical Modeling of Space Plasma Flows, Hawaii, USA, June 2012.

  14. 梅田 隆行, ブラソフコードによるマルチスケールシミュレーション, STEL研究集会「STEシミュレーション研究会:プラズママルチスケールシミュレーションの現状と展望」, 広島大学東千田キャンパス, 2012年3月.

  15. Umeda, T., Y. Kidani, and S. Matsukiyo, Dynamics of quasi-perpendicular shocks: Recent results issued from 2D PIC simulation, 30th General Assembly of the International Union of Radio Science (URSI), Istanbul, Turkey, August 2011.

  16. Umeda, T., Recent Advancement in Vlasov code simulations, 10th International School for Space Simulations (ISSS-10), Banff, Canada, July 2011.

  17. Umeda, T., Electromagnetic plasma emission during beam-plasma interaction, 2010 Asia-Pacific Radio Science Conference, Toyama, Japan, September 2010.

  18. 梅田 隆行, 宇宙科学とコンピュータシミュレーション, STEL研究集会「STP教育セミナー」, 高知工業高等専門学校, 2010年8月.

  19. 梅田 隆行, 松清 修一, 山崎 了, 松本 洋介, 中村 琢磨, 加藤 雄人, 粒子シミュレーション研究の最近の動向, 日本地球惑星科学連合2010年大会, 幕張メッセ, 2010年5月.

  20. 梅田 隆行, 電子ビーム不安定性からの電波放射, 名古屋大学太陽地球環境研究所共同研究集会「太陽大気・地球磁気圏に おける非熱的粒子加速と電波放射」, 東北大学大学院理学研究科, 2010年2月.

  21. 梅田 隆行, ブラソフシミュレーションの現状と課題, 宇宙磁気流体力学のフロンティア, 京都大学基礎物理学研究所 湯川記念館Panasonic国際交流ホール, 2009年11月.

  22. 梅田 隆行, STPシミュレーションの過去・現在・未来, 宇宙地球惑星科学若手会 2009年夏の学校, 伊勢青少年研修センター, 2009年9月.

  23. Umeda, T., New Vlasov simulation techniques for multi-scale dynamics of magnetosphere, Asia Oceania Geosciences Society (AOGS) 6th Annual General meeting, Suntec City, Singapore, August 2009.

  24. Umeda, T., Simulations and numerical linear analyses of kinetic instabilities, 9th International School for Space Simulations (ISSS-9), Saint-Quentin-en-Yvelines, France, July 2009.

  25. 梅田 隆行, ビーム−プラズマ系の非線形発展とプラズマ波動放射, 第115回生存圏シンポジウム/SGEPSS波動分科会「惑星・太陽・天体からの電波放射」, 高知県仁淀川町 しもなの郷, 2009年2月.

  26. Umeda, T., Status of Japanese young simulationists, International Symposium: ERG, SCOPE and Beyond, Sagamihara, Japan, November 2008.

  27. 梅田 隆行, 寺田 直樹, 杉山 徹, 三好 隆博, 松本 洋介, 加藤 雄人, 深沢 圭一郎, 篠原 育, 中村琢磨, STPシミュレーションコード開発の将来展望, 第124回地球電磁気・地球惑星圏学会, 仙台市戦災復興記念館, 2008年10月.

  28. 梅田 隆行, 寺田 直樹, 杉山 徹, 三好 隆博, 松本 洋介, 加藤 雄人, 深沢 圭一郎, 篠原 育, ブラソフシミュレーションで拓く太陽地球惑星科学, 第21回数値流体力学シンポジウム, 秋葉原コンベンションホール, 2007年12月.

  29. 梅田 隆行, “超”ブラソフシミュレーション入門−これであなたもブラソフコードが書ける!−, 第80回生存圏シンポジウム/SGEPSS波動分科会「シミュレーション奥儀」, 福井市地域交流プラザ, 2007年11月.

  30. 梅田 隆行, 荻野 竜樹, 太陽地球環境の計算機シミュレーション, 名大計算科学サロン第1回ワークショップ, 名古屋大学, 2007年10月.

  31. Umeda, T., Vlasov simulation of beam-plasma interactions, 8th International School/Symposium for Space Simulations (ISSS-8), Lihue, Hawaii, USA, Feburary 2007.

  32. Umeda, T., Vlasov simulation of amplitude-modulated Langmuir waves, 6th International Workshop on Nonlinear Waves and Turbulence in Space Plasmas (NLW-6), Fukuoka, Japan, October 2006.

  33. Umeda, T., Y. Omura, and H. Matsumoto, Particle simulations of electrostatic solitary waves in space plasmas, 7th International Workshop on the Interrelationship between Plasma Experiments in Laboratory and Space (IPELS), Whitefish, Montana, USA, June 2003.

  34. Umeda, T., Y. Omura, and H. Matsumoto, An improved masking method for absorbing boundaries in electromagnetic particle simulations, 6th International School/Symposium for Space Simulations (ISSS-6), Garching, Germany, September 2001.


国際会議発表 (Presentations at International Meetings)

口頭発表・主著 (First-authored Oral Presentations)

  1. Umeda, T., Paradigm shift in program structure of particle-in-cell simulations, International Conference on Parallel Computing (ParCo2019), Prague, Czech, September 2019.

  2. Umeda, T., R. Yamazaki, and Y. Ohira, Full particle-in-cell simulation of the interaction between two plasmas for laboratory experiments on the generation of magnetized collisionless shocks with high-power lasers, 15th symposium of Interrelationship between Plasma Experiments in the Laboratory and in Space (IPELS), Tokyo, Japan, September 2019.

  3. Umeda, T., and K. Fukazawa, Performance Comparison of Eulerian Kinetic Vlasov Code between Xeon Phi KNL and Xeon Broadwell, 18th Asia Simulation Conference (AsiaSim2018), Kyoto, Japan, October 2018.

  4. Umeda, T., S. Saito, and Y. Nariyuki, Decay of nonlinear whistler waves: 1D versus 2D, 32th International Union of Radio Science (URSI) General Assembly & Scientific Symposium, Montreal, Canada, August 2017.

  5. Umeda, T., and Y. Wada, Vlasov simulation of the Rayleigh-Taylor instability, 25th International Conference on Numerical Simulation of Plasmas (ICNSP 2017), Leuven, Belgium, September 2017.

  6. Umeda, T., Hyper-dimensional Vlasov code for space plasma simulations and its performance on the FX100 supercomputer, The 35th JSST Annual Conference International Conference on Simulation Technology (JSST2016), Kyoto, Japan, October 2016.

  7. Umeda, T., and S. Oya, Performance comparison of open-source parallel sorting with OpenMP, 3rd International Symposium on Computing and Networking (CANDAR), Sapporo, Japan, December 2015.

  8. Umeda, T., and K. Fukazawa, Hybrid parallelization of hyper-dimensional Vlasov code with OpenMP loop collapse directive, International Conference on Parallel Computing (ParCo) 2015, Edinburgh, United Kingdom, September 2015.

  9. Umeda, T., S. Ueno, and T. K. M. Nakamura, Ion kinetic effects to nonlinear processes of the Kelvin-Helmholtz instability, 26th General Assembly of the International Union of Geodesy and Geophysics (IUGG), Prague, Czech Republic, June 2015.

  10. Umeda, T., and K. Fukazawa, Performance tuning of Vlasov code for space plasma on the K computer, 14th Asia Simulation Conference (AsiaSim 2014), Kitakyushu, Japan, November 2014.

  11. Umeda, T., Global Vlasov simulation of a small body with a magnetic anomaly with the K-computer, Asia Oceania Geosciences Society (AOGS) 11th Annual Meeting, Sapporo, Japan, July 2014.

  12. Umeda, T., Global Vlasov simulation of a small body with a magnetic anomaly with the K-computer, 6th Alfven Conference, London, United Kingdom, July 2014.

  13. Umeda, T., and K. Fukazawa, Performance measurement of parallel Vlasov code for space plasma on scalar-type supercomputer systems with large number of cores, 13th International Conference on Systems Simulation (AsiaSim 2013), Singapore, November 2013.

  14. Umeda, T., Y. Kidani, S. Matsukiyo, and R. Yamazaki, Reformation at a low-Mach-number perpendicular shock: Two-dimensional full particle simulations, American Geophysical Union (AGU) 2012 Fall meeting, San Francisco, USA, December 2012.

  15. Umeda, T., T. Ito, and K. Fukazawa, Global Vlasov simulation on magnetospheres of astronomical objects, Conference on Computational Physics (CCP) 2012, Kobe, Japan, October, 2012.

  16. Umeda, T., Simulation of collisionless plasma with the Vlasov method, International Conference on Simulation Technology (JSST2012), Kobe, Japan, September, 2012.

  17. Umeda, T., and K. Fukazawa, Performance measurement of parallel Vlasov code for space plasma on various scalar-type supercomputer systems, 12th International Conference on Algorithms and Architectures for Parallel Processing (ICA3PP), Fukuoka, Japan, September 2012.

  18. Umeda, T., Y. Kidani, and S. Matsukiyo, On the reformation at perpendicular shocks, American Geophysical Union (AGU) 2011 Fall meeting, San Francisco, USA, December 2011.

  19. Umeda, T., and Y. Ito, Vlasov simulation on the interaction between the solar wind and a dielectric body, 25th International Union of Geodesy and Geophysics (IUGG) General Assembly, Melbourne, Australia, July 2011.

  20. Umeda, T., Effect of ion cyclotron motion on the structure of wakes, 5th Alfven Conference on Plasma Interaction with Non-magnetized Planets/Moons and its Influence on Planetary Evolution, Sapporo, Japan, October 2010.

  21. Umeda, T., M. Yamao, Y. Kidani, and R. Yamazaki, Cross-scale coupling at a collisionless shock, 38th COSPAR Scientific Assembly, Bremen, Germany, July 2010.

  22. Umeda, T., Y. Matsumoto, T. K. M. Nakamura, K. Fukazawa, and T. Ogino, Vlasov code simulation of cross-scale coupling in space plasmas, 5th International Conference on Numerical Modeling of Space Plasma Flows, San Diego, USA, June 2010.

  23. Umeda, T., M. Yamao, and R. Yamazaki, Cross-scale coupling at a collisionless shock, International Association of Geomagnetism and Aeronomy (IAGA) 11th Scientific Assembly, Sopron, Hundary, August 2009.

  24. Umeda, T., K. Fukazawa, Y. Matsumoto, K. Togano, T. Nakamura, and I. Shinohara, New Vlasov simulation techniques for scale coupling in the plasma universe, Workshop on Cross-Scale Coupling in Plasmas, Rende, Italy, March 2009.

  25. Umeda, T., K. Togano, and T. Ogino, Two-dimensional Vlasov code simulation of magnetic reconnection, US-Japan Workshop on Magnetic Reconnection 2008, Okinawa, Japan, March 2008.

  26. Umeda, T., R. Yamazaki, and M. Yamao, Full particle simulation of perpendicular collisionless shocks with a shock-rest-frame model, American Geophysical Union (AGU) 2007 Fall meeting, San Francisco, USA, December 2007.

  27. Umeda, T., Polynomial interpolation for hyperbolic conservation laws (PIC) scheme: Application to Vlasov Simulations, CAWSES International Workshop on Space Weather Modeling (CSWM), Yokohama, Japan, November 2006.

  28. Umeda, T., Y. Omura, T. Miyake, and H. Matsumoto, Nonlinear evolution of electron two-stream instability: Two-dimensional particle simulation, 28th General Assembly of the International Union of Radio Science (URSI), New Delhi, India, October 2005.

  29. Umeda, T., M. Ashour-Abdalla, D. Schriver, R. L. Richard, F. V. Coroniti, and H. Matsumoto, Generation of electron cyclotron harmonic (ECH) waves due to loss cone distribution functions, American Geophysical Union (AGU) 2004 Fall meeting, San Francisco, USA, December 2004.

  30. Umeda, T., Y. Omura, and H. Matsumoto, Particle simulations of electromagnetic emissions from electrostatic solitary waves, 23rd General Assembly of the International Union of Geodesy and Geophysics (IUGG), Sapporo, Japan, July 2003.

  31. Umeda, T., Y. Omura, and H. Matsumoto, Particle simulations of electromagnetic emissions from electrostatic solitary waves, 27th General Assembly of the International Union of Radio Science (URSI), Maastricht, Netherlands, August 2002.

  32. Umeda, T., Y. Omura, H. Matsumoto, and H. Usui, Formation of electrostatic solitary waves: Two-dimensional particle simulation with open boundary conditions, 2002 Western Pacific Geophysics Meeting (WPGM), Wellington, New Zealand, July 2002.

  33. Umeda, T., Y. Omura, H. Matsumoto, and H Usui, Electromagnetic particle simulation of electron beam instabilities in 2-D open system, 2001 Asia-Pacific Radio Science Conference (AP-RASC), Tokyo, Japan, August 2001.

ポスター発表・主著 (First-authored Poster Presentations)

  1. Umeda, T., Performance evaluation of kinetic code on scalar processors, International Conference on High Performance Computing in Asia-Pacific Region (HPCAsia2020), Fukuoka, Japan, January 2020.

  2. Umeda, T., Performance evaluation of kinetic code on scalar processors, 48th International Conference on Parallel Processing (ICPP2019), Kyoto, Japan, August 2019.

  3. Umeda, T., and T. K. M. Nakamura, Electromagnetic linear dispersion relation for plasma with a drift across magnetic field, Asia Oceania Geosciences Society (AOGS) 16th Annual Meeting, Singapore, July 2019.

  4. Umeda, T., and Y. Wada, Non-MHD effects in the nonlinear development of the MHD-scale Rayleigh-Taylor instability, 2nd Asia-Pacific Conference on Plasma Physics (AAPPS-DPP2018), Kanazawa, Japan, November 2018.

  5. Umeda, T., and K. Fukazawa, Performance Measurement of Eulerian Kinetic Code on the Xeon Phi KNL, International conference series on HPC technologies in Asia Pacific region (HPC Asia 2018), Tokyo, Japan, January 2018.

  6. Umeda, T., Multi-step Boris integrator for Lorentz force equation, 25th International Conference on Numerical Simulation of Plasmas (ICNSP 2017), Leuven, Belgium, September 2017.

  7. Umeda, T., S. Saito, and Y. Nariyuki, Decay of nonlinear whistler waves: 1D versus 2D, Asia Oceania Geosciences Society (AOGS) 14th Annual Meeting, Singapore, August 2017.

  8. Umeda, T., S. Saito, and Y. Nariyuki, Decay of nonlinear whistler waves: 1D versus 2D, European Geosciences Union (EGU) General Assembly 2017, Vienna, Austria, April 2017.

  9. Umeda, T., and K. Fukazawa, Performance comparison of Eulerian kinetic Vlasov code between flat-MPI parallelism and hybrid parallelism on Fujitsu FX100 supercomputer, 23rd European MPI Users' Group Meeting (EuroMPI2016), Edinburgh, United Kingdom, September 2016.

  10. Umeda, T., N. Yamauchi, Y. Wada, and S. Ueno, Evaluating gyro-viscosity in the Kelvin-Helmholtz instability by kinetic simulations, 27th Symposium on Plasma Physics and Technology, Prague, Czech Republic, June 2016.

  11. Umeda, T., N. Yamauchi, Y. Wada, and S. Ueno, Evaluating gyro-viscosity in the Kelvin-Helmholtz instability by kinetic simulations, European Geosciences Union (EGU) General Assembly 2016, Vienna, Austria, April 2016.

  12. Umeda, T., S. Ueno, and T. K. M. Nakamura, Ion kinetic effects to nonlinear processes of the Kelvin-Helmholtz instability, Asia Oceania Geosciences Society (AOGS) 12th Annual Meeting, Singapore, August 2015.

  13. Umeda, T., S. Ueno, and T. K. M. Nakamura, Ion kinetic effects to nonlinear processes of the Kelvin-Helmholtz instability, European Geosciences Union (EGU) General Assembly 2015, Vienna, Austria, April 2015.

  14. Umeda, T., Y. Kidani, S. Matsukiyo, and R. Yamazaki, Reformation and microinstabilities at perpendicular collisionless shocks, American Geophysical Union (AGU) 2014 Fall meeting, San Francisco, USA, December 2014.

  15. Umeda, T., and Y. Ito, Entry of solar-wind ions into the wake of a small unmagnetized body: A global Vlasov simulation, American Geophysical Union (AGU) 2013 Fall meeting, San Francisco, USA, December 2013.

  16. Umeda, T., Y. Ito, Y. Kidani, and K. Fukazawa, Study of the moon-solar wind interaction with parallel kinetic plasma simulations, International Conference for High Performance Computing, Networking, Storage and Analysis 2011 (SC11), Seattle, USA, November 2011.

  17. Umeda, T., M. Ashour-Abdalla, J. S. Pickett, and M. L. Goldstein, Vlasov simulation of electrostatic solitary structures in four-component plasmas, American Geophysical Union (AGU) 2010 Fall meeting, San Francisco, USA, December 2010.

  18. Umeda, T., K. Fukazawa, Y. Nariyuki, Y. Matsumoto, and T. K. M. Nakamura, Highly scalable full electromagnetic Vlasov solver for cross-scale coupling in space plasma, International Conference for High Performance Computing, Networking, Storage and Analysis (SC) 2010, New Orleans, USA, November 2010.

  19. Umeda, T., M. Yamao, and R. Yamazaki, Cross-scale coupling at a perpendicular collisionless shock, American Geophysical Union (AGU) 2009 Fall meeting, San Francisco, USA, December 2009.

  20. Umeda, T., T. Kimura, K. Fukazawa, Y. Matsumoto, T. Miyoshi, N. Terada, T. K. M. Nakamura, and T. Ogino, Vlasov simulation on the interaction between solar wind and a dielectric body, 21st International Conference on Numerical Simulation of Plasmas, Lisbon, Portugal, October, 2009.

  21. Umeda, T., Recent advancement on Vlasov code simulations, 9th International School for Space Simulations (ISSS-9), Saint-Quentin-en-Yvelines, France, July 2009.

  22. Umeda, T., M. Yamao, and R. Yamazaki, Electron acceleration associated with ion dynamics at a perpendicular shock, Workshop on Cross-Scale Coupling in Plasmas, Rende, Italy, March 2009.

  23. Umeda, T., K. Togano, and T. Ogino, Vlasov simulation of GEM magnetic reconnection challenge, American Geophysical Union (AGU) 2008 Fall meeting, San Francisco, USA, December 2008.

  24. Umeda, T., Beyond the MHD and toward cross-scale plasma science: A Vlasov simulation framework at STEL, International Symposium on Frontiers of Computational Science 2008, Nagoya, Japan, November, 2008.

  25. Umeda, T., K. Fukazawa, Y. Matsumoto, Y. Katoh, T. Miyoshi, and K. Togano, Beyond the MHD: A Vlasov simulation framework at STEL, International Symposium: Fifty Years after IGY, Tsukuba, Japan, November, 2008.

  26. Umeda, T., and T. Ito, Vlasov simulation of Langmuir decay instability, 14th International Congress on Plasma Physics (ICPP), Fukuoka, Japan, September, 2008.

  27. Umeda, T., Vlasov code simulations, International CAWSES Symposium, Kyoto, Japan, October, 2007.

  28. Umeda, T., Amplitude modulation of Langmuir waves: Vlasov simulation, American Geophysical Union (AGU) 2006 Fall meeting, San Francisco, USA, December 2006.

  29. Umeda, T., and R. Yamazaki, Full particle simulation of a perpendicular collisionless shock: A shock-rest-frame model, CAWSES International Workshop on Space Weather Modeling (CSWM), Yokohama, Japan, November 2006.

  30. Umeda, T., Y. Omura, T. Miyake, H. Matsumoto, and M. Ashour-Abdalla, Nonlinear evolution of the electron two-stream instability: Two-dimensional particle simulations, American Geophysical Union (AGU) 2005 Fall meeting, San Francisco, USA, December 2005.

  31. Umeda, T., M. Ashour-Abdalla, D. Schriver, R. L. Richard, F. V. Coroniti, and H. Matsumoto, Simulation study on the generation of electron cyclotron harmonic (ECH) waves, 28th General Assembly of the International Union of Radio Science (URSI), New Delhi, India, October 2005.

  32. Umeda, T., M. Ashour-Abdalla, and D. Schriver, Comparison of numerical interpolation schemes for one-dimensional electrostatic Vlasov code, 19th international conference on numerical simulation of plasmas (ICNSP), Nara, Japan, July 2005.

  33. Umeda, T., Y. Omura, and H. Matsumoto, Charge conservation methods for computing current densities in electromagnetic particle-in-cell simulations, 7th International School/Symposium for Space Simulations (ISSS-7), Kyoto, Japan, March 2005.

  34. Umeda, T., D. Schriver, and M. Ashour-Abdalla, Numerical schemes for one-dimensional electrostatic Vlasov code: Comparison between conservative and non-conservative schemes, 7th International School/Symposium for Space Simulations (ISSS-7), Kyoto, Japan, March 2005.

  35. Umeda, T., Y. Omura, T. Miyake, and H. Matsumoto, Nonlinear evolution of electron two-stream instability: Two-dimensional particle simulation, 7th International School/Symposium for Space Simulations (ISSS-7), Kyoto, Japan, March 2005.

  36. Umeda, T., Y. Omura, H. Matsumoto, and M. Ashour-Abdalla, Particle simulation of electromagnetic field signature associated with electrostatic solitary waves, 35th COSPAR Scientific Assembly, Paris, France, July 2004.

  37. Umeda, T., Y. Omura, T. Miyake, H. Matsumoto, and M. Ashour-Abdalla, Nonlinear evolution of electron two-stream instability: Two-dimensional particle simulation, 35th COSPAR Scientific Assembly, Paris, France, July 2004.

  38. Umeda, T., Y. Omura, and H. Matsumoto, Two-dimensional particle simulation of electromagnetic field signature associated with electrostatic solitary waves, American Geophysical Union (AGU) 2003 Fall meeting, San Francisco, USA, December 2003.

  39. Umeda, T., Y. Omura, H. Matsumoto, and H. Usui, Two-dimensional particle simulation of electrostatic solitary waves with an open boundary condition, 11th International Congress on Plasma Physics, Sydney, Australia, July 2002.

  40. Umeda, T., P. H. Yoon, Y. Omura, and H. Matsumoto, Vlasov simulation of harmonic Langmuir waves, COSPAR Colloquim "Frontiers of Magnetospheric Plasma Physics" Celebrating 10 Years of GEOTAIL Operation, Kanagawa, Japan, August 2002.

  41. Umeda, T., Y. Omura, H Usui, and H. Matsumoto, Particle simulations of electromagnetic emissions from electrostatic solitary waves, 6th International School/Symposium for Space Simulations (ISSS-6), Garching, Germany, September 2001.

  42. Umeda, T., Y. Omura, H. Matsumoto, and H. Usui, Formation of electrostatic solitary waves in kinetic simulation models with open boundaries, 1st S-RAMP Conference, Sapporo, Japan, October 2000.


国内会議発表 (Presentations at Domestic Meetings)

口頭発表 (Oral Presentations)

  1. 梅田 隆行, プログラムモデルの異なるPICコードの性能測定, 第172回ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会, 沖縄産業支援センター, 2019年12月.

  2. 梅田 隆行, 辻根 成, 成行 泰裕, Vlasov code simulation of contact discontinuities 第146回地球電磁気・地球惑星圏学会, 熊本市国際交流会館, 2019年10月.

  3. 梅田 隆行, 中村 琢磨, Electromagnetic linear dispersion relation for plasma with a drift across magnetic field, 日本地球惑星科学連合2019年大会, 幕張メッセ, 2019年5月.

  4. 梅田 隆行, Xeonプロセッサにおけるブラソフコードの性能チューニング, 第167回ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会, 沖縄産業支援センター, 2018年12月.

  5. 銭谷 誠司, 梅田 隆行, 加藤 恒彦, On the Boris solver in particle-in-cell simulation, 第144回地球電磁気・地球惑星圏学会, 名古屋大学東山キャンパス, 2018年11月.

  6. 辻根 成, 春木 孝之, 梅田 隆行, 成行 泰裕, 佐藤 雅弘, 接触不連続における全圧を維持する電子温度の条件:運動論シミュレーション, 第144回地球電磁気・地球惑星圏学会, 名古屋大学東山キャンパス, 2018年11月.

  7. 梅田 隆行, 深沢 圭一郎, Xeon Phi KNLにおけるブラソフコードの性能評価(3), 第166回ハイパフォーマンスコンピューティング研究会, 北海道立道民活動センター, 2018年9月.

  8. 齊藤 慎司, 成行 泰裕, 梅田 隆行 Particle scattering in decaying magnetosonic-whistler mode turbulence, 日本地球惑星科学連合2018年大会, 幕張メッセ, 2018年5月.

  9. 梅田 隆行, 深沢 圭一郎, Xeon Phi KNLにおけるブラソフコードの性能評価(2), 第162回ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会, くまもと県民交流館パレア, 2017年12月.

  10. 梅田 隆行, Multi-step Boris integrator for Lorentz force equation 第141回地球電磁気・地球惑星圏学会, 京都大学宇治キャンパス, 2017年10月.

  11. 齊藤 慎司, 成行 泰裕, 梅田 隆行, Generation of Intermittent Ion Acoustic Waves in Whistler Turbulence: Particle-In-Cell Simulation, 日本地球惑星科学連合2017年大会, 幕張メッセ, 2017年5月.

  12. 梅田 隆行, 大長 勇輝, Cyclic self-reformation of perpendicular shocks in two-dimensional particle-in-cell simulation, 日本地球惑星科学連合2017年大会, 幕張メッセ, 2017年5月.

  13. 梅田 隆行, 深沢 圭一郎, KNL Xeon Phiにおけるブラソフコードの性能評価, 第157回ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会, 沖縄産業支援センター, 2016年12月.

  14. 梅田 隆行, 齊藤 慎司, 成行 泰裕, 2次元における大振幅ホイッスラー波の減衰, 第140回地球電磁気・地球惑星圏学会, 九州大学伊都キャンパス, 2016年11月.

  15. 齊藤 慎司, 成行 泰裕, 梅田 隆行, Whistler Turbulence at Ion and Electron Scales: Particle-In-Cell Simulations, 第140回地球電磁気・地球惑星圏学会, 九州大学伊都キャンパス, 2016年11月.

  16. 和田 泰尚, 梅田 隆行, 町田 忍, Secondary instabilities in the collisionless Rayleigh-Taylor instability: Full kinetic simulations, 九州大学伊都キャンパス, 2016年11月.

  17. 梅田 隆行, 深沢 圭一郎, スーパーコンピュータFX100におけるブラソフコードの性能評価, 第156回ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会, 小樽経済センター, 2016年9月.

  18. 梅田 隆行, 山内 捺希, 和田 泰尚, 上野 悟志, ケルビン・ヘルムホルツ不安定性におけるジャイロ粘性効果, 日本地球惑星科学連合2016年大会, 幕張メッセ, 2016年5月.

  19. 齊藤 慎司, 成行 泰裕, 梅田 隆行, ホイッスラー乱流中での運動論スケール静電波動の励起について:粒子シミュレーション, 日本地球惑星科学連合2016年大会, 幕張メッセ, 2016年5月.

  20. 松清 修一, 梅田 隆行, 超臨界垂直衝撃波における微視的不安定性再考, 日本地球惑星科学連合2016年大会, 幕張メッセ, 2016年5月.

  21. 梅田 隆行, Particle-In-Cellプラズマ粒子コードの性能測定, 第151回ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会, 沖縄産業支援センター, 2015年10月.

  22. 齊藤 慎司, 成行 泰裕, 梅田 隆行, イオンスケール・ホイッスラー乱流のカスケードについて, 日本地球惑星科学連合2015年大会, 幕張メッセ, 2015年5月.

  23. 梅田 隆行, 木谷 佳隆, 松清 修一, 垂直衝撃波における再形成と微視的不安定性, 第136回地球電磁気・地球惑星圏学会, キッセイ文化ホール, 2014年11月.

  24. 上野 悟志, 梅田 隆行, 中村 琢磨, 町田 忍, ケルビン―ヘルムホルツ不安定性の非線形発展に対するイオンジャイロ運動の効果, 第136回地球電磁気・地球惑星圏学会, キッセイ文化ホール, 2014年11月.

  25. 成行 泰裕, 齊藤 慎司, 梅田 隆行, Parametric instabilities of whistler waves revisited, 第136回地球電磁気・地球惑星圏学会, キッセイ文化ホール, 2014年11月.

  26. 関 華奈子, 天野 孝伸, 齊藤 慎司, 三好 由純, 松本 洋介, 梅田 隆行, 桂華 邦裕, 宮下 幸長, GEMSIS環電流-放射線帯モデル結合に基づくPc5波動による相対論的電子の動径方向輸送の特性に関する研究, 第136回地球電磁気・地球惑星圏学会, キッセイ文化ホール, 2014年11月.

  27. 梅田 隆行, 深沢 圭一郎, OpenMPとMPIを用いたハイブリッド並列ブラソフコードの性能測定, 第146回ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会, 沖縄産業振興センター, 2014年10月.

  28. 梅田 隆行, 京コンピュータを用いた弱磁化小天体のグローバルブラソフシミュレーション, 日本地球惑星科学連合2014年大会, パシフィコ横浜会議センター, 2014年5月.

  29. 齊藤 慎司, 成行 泰裕, 梅田 隆行, 有限振幅ホイッスラー波動非線形発展に伴うプラズマ加熱, 日本地球惑星科学連合2014年大会, パシフィコ横浜会議センター, 2014年4月.

  30. 関 華奈子, 天野 孝伸, 齊藤 慎司, 三好 由純, 桂華 邦裕, 宮下 幸長, 松本 洋介, 梅田 隆行, 海老原 祐輔, GEMSIS-RCモデル:ドリフト運動論近似に基づく地球内部磁気圏における高エネルギー粒子とULF波動の相互作用の研究, 日本地球惑星科学連合2014年大会, パシフィコ横浜会議センター, 2014年4月.

  31. 深沢 圭一郎, 梅田 隆行, エクサ・ゼタスケールに向けた宇宙プラズマ分野における計算法の発展, 環瀬戸内応用数理研究部会 第17回シンポジウム, 愛媛大学城北キャンパス, 2014年1月.

  32. 梅田 隆行, 上野 悟志, 中村 琢磨, 無衝突プラズマ中のケルビン-ヘルムホルツ不安定性におけるイオンジャイロ運動効果, 第27回数値流体力学シンポジウム, 名古屋大学, 2013年12月.

  33. 梅田 隆行, 伊藤 陽介, 弱磁化小天体のグローバルブラソフシミュレーション, 第134回地球電磁気・地球惑星圏学会, 高知大学, 2013年11月.

  34. 齊藤 慎司, 成行 泰裕, 梅田 隆行, 有限振幅ホイッスラー波動の非線形発展によるプラズマ加熱, 第134回地球電磁気・地球惑星圏学会, 高知大学, 2013年11月.

  35. 梅田 隆行, 深沢 圭一郎, 京、FX10及びCX400におけるブラソフコードの性能チューニング, 第141回ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会, 沖縄産業振興センター, 2013年9月.

  36. 梅田 隆行, 伊藤 陽介, 京コンピュータを用いた小天体の高解像度グローバルブラソフシミュレーション, 日本地球惑星科学連合2013年大会, 幕張メッセ, 2013年5月.

  37. 梅田 隆行, 深沢 圭一郎, ブラソフコードによる様々な超並列スーパーコンピュータの性能評価, 第132回地球電磁気・地球惑星圏学会, 札幌コンベンションセンター, 2012年10月.

  38. 深沢 圭一郎, 梅田 隆行, Performance Measurement of Magnetohydrodynamic Simulation Code for Planetary Magnetosphere on FX10, 第132回地球電磁気・地球惑星圏学会, 札幌コンベンションセンター, 2012年10月.

  39. 成行 泰裕, 齊藤 慎司, 中村 琢磨, 梅田 隆行, 運動論効果を含む太陽風磁気流体乱流モデル, 第132回地球電磁気・地球惑星圏学会, 札幌コンベンションセンター, 2012年10月.

  40. 梅田 隆行, 伊藤 陽介, 深沢 圭一郎, 超並列ブラソフコードによる宇宙プラズマの第一原理シミュレーション, 第136回ハイパフォーマンスコンピューティング研究発表会, 沖縄産業振興センター, 2012年10月.

  41. 伊藤 陽介, 梅田 隆行, 荻野 竜樹, 太陽風と局所的磁場を持つ誘電物体との相互作用に関するブラソフシミュレーション, 日本地球惑星科学連合2012年大会, 幕張メッセ, 2012年5月.

  42. 関 華奈子, 天野 孝伸, 齊藤 慎司, 三好 由純, 松本 洋介, 梅田 隆行, 宮下 幸長, 海老原 祐輔, GEMSIS-RCモデルに基づいた環電流とプラズマ圏が内部磁気圏ULF波動に与える影響の研究, 日本地球惑星科学連合2012年大会, 幕張メッセ, 2012年5月.

  43. 梅田 隆行, 木谷 佳隆, 松清 修一, 山崎 了, 垂直衝撃波の再形成, 日本天文学会2012年春季年会, 龍谷大学, 2012年3月.

  44. 伊藤 陽介, 梅田 隆行, 荻野 瀧樹, 太陽風と局所的磁場を持つ誘電物体との相互作用に関するブラソフシミュレーション, 日本天文学会2012年春季年会, 龍谷大学, 2012年3月.

  45. 深沢 圭一郎,梅田 隆行,南里 豪志, 超並列惑星磁気圏電磁流体シミュレーションに向けた隣接通信の効率化, 2012年ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム, 名古屋大学, 2012年1月.

  46. 梅田 隆行, 全粒子コードの高次精度化, 第130回地球電磁気・地球惑星圏学会, 神戸大学, 2011年11月.

  47. 関 華奈子, 天野 孝伸, 三好 由純, 松本 洋介, 梅田 隆行, 齊藤 慎司, 宮下 幸長, 海老原 祐輔, GEMSIS-RCモデルに基づいた内部磁気圏におけるULF波動分布に関する研究, 第130回地球電磁気・地球惑星圏学会, 神戸大学, 2011年11月.

  48. 津村 全, 梅田 隆行, 前澤 裕之, 荻野 竜樹, 超伝導ミクサ素子の設計ための数値シミュレーションコードの開発, 第130回地球電磁気・地球惑星圏学会, 神戸大学, 2011年11月.

  49. 大川 勇, 長濱 智生, 水野 亮, 荻野 竜樹, 梅田 隆行, 成層圏水蒸気観測用準センチ波大気観測装置の開発, 第130回地球電磁気・地球惑星圏学会, 神戸大学, 2011年11月.

  50. 梅田 隆行, 深沢 圭一郎, 成行 泰裕, 荻野 竜樹, ブラソフコードによる様々なスーパーコンピュータの性能評価, 日本地球惑星科学連合2011年大会, 幕張メッセ, 2011年5月.

  51. 松清 修一, 山崎 了, 大平 豊, 梅田 隆行, 低マッハ数衝撃波による相対論的電子加速, 日本地球惑星科学連合2011年大会, 幕張メッセ, 2011年5月.

  52. 木谷 佳隆, 梅田 隆行, 荻野 竜樹, 松清 修一, 垂直衝撃波の再形成に関する2次元全粒子シミュレーション, 日本地球惑星科学連合2011年大会, 幕張メッセ, 2011年5月.

  53. 深沢 圭一郎, 梅田 隆行, R. J. Walker, 荻野 瀧樹, HA8000を用いた土星磁気圏の高解像度電磁流体シミュレーション, 2011年ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム, 産業技術総合研究所, 2011年1月.

  54. 梅田 隆行, ウェイク形成に対するイオンジャイロ運動の効果, 第128回地球電磁気・地球惑星圏学会, 沖縄県市町村自治会館, 2010年11月.

  55. 松本 洋介, 寺田 直樹, 三好 隆博, 深沢 圭一郎, 梅田 隆行, 荻野 竜樹, 関 華奈子, 地球磁気圏グローバルMHDシミュレーションモデルの比較研究, 第128回地球電磁気・地球惑星圏学会, 沖縄県市町村自治会館, 2010年11月.

  56. 近藤 和哉, 荻野 竜樹, 梅田 隆行, IMFの変化に対する土星磁気圏の応答, 第128回地球電磁気・地球惑星圏学会, 沖縄県市町村自治会館, 2010年11月.

  57. 深沢 圭一郎, 梅田 隆行, 荻野 瀧樹, 田中 高史, 様々なスカラー型スーパーコンピュータを使った惑星磁気圏MHDシミュレーション, 日本地球惑星科学連合2010年大会, 幕張メッセ, 2010年5月.

  58. 梅田 隆行, 山尾 政博, 木谷 佳隆, 山崎 了, 垂直衝撃波におけるスケール間結合, 日本地球惑星科学連合2010年大会, 幕張メッセ, 2010年5月.

  59. 関 華奈子, 三好 由純, 天野 孝伸, 齊藤 慎司, 姚 尭, 松本 洋介, 梅田 隆行, 宮下 幸長, 海老原 祐輔, 宇宙嵐時の高エネルギー粒子変動:ジオスペース環境の実証型モデリングGEMSIS 日本地球惑星科学連合2010年大会, 幕張メッセ, 2010年5月.

  60. 関 華奈子, 菊池 崇, 草野 完也, 増田 智, 海老原 祐輔, 梅田 隆行, 塩川 和夫, 野澤 悟徳, 荻野 竜樹, 西谷 望, 松原 豊, 藤井 良一, GEMSISプロジェクトチーム, GEMSIS Phase 2 project: Investigation of particle acceleration and regional couplings during geospace storms, 日本地球惑星科学連合2010年大会, 幕張メッセ, 2010年5月.

  61. 成行泰裕, 福永航平, 梅田隆行, 電子ビーム不安定性により励起されたラングミュア乱流の非線形性について, 日本物理学会 第65回年次大会, 岡山大学, 2010年3月.

  62. 深沢 圭一郎, 梅田 隆行, 荻野 瀧樹, 高効率並列電磁流体コードによるHA8000クラスタシステムの性能評価, 2010年ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム, 工学院大学, 2010年1月.

  63. 筒井 寛典, 荻野 竜樹, 梅田 隆行, 磁気圏電離圏結合系の三次元Hall-MHDシミュレーション, 第126回地球電磁気・地球惑星圏学会, 金沢大学, 2009年9月.

  64. 成行 泰裕, 梅田 隆行, 電子ビーム不安定性により励起されたラングミュア乱流の非線形性について, 第126回地球電磁気・地球惑星圏学会, 金沢大学, 2009年9月.

  65. 梅田 隆行, 太陽風と誘電物体との相互作用に関するブラソフシミュレーション, 第126回地球電磁気・地球惑星圏学会, 金沢大学, 2009年9月.

  66. 栂野 健太郎, 梅田 隆行, 荻野 竜樹, 磁気コネクションの2次元ブラソフシミュレーション. 日本地球惑星科学連合2009年大会, 幕張メッセ, 2009年5月.

  67. 山尾 政博, 梅田 隆行, 山崎 了, 低マッハ数無衝突垂直衝撃波における微視的不安定性, 日本地球惑星科学連合2009年大会, 幕張メッセ, 2009年5月.

  68. 梅田 隆行, 深沢 圭一郎, 松本 洋介, 栂野 健太郎, ブラソフコードの現状と展望, 日本地球惑星科学連合2009年大会, 幕張メッセ, 2009年5月.

  69. 天野 孝伸, 関 華奈子, 三好 由純, 梅田 隆行, 松本 洋介, 海老原 祐輔, 齊藤 慎司, GEMSIS-Magnetosphere: 地球内部磁気圏の環電流ダイナミクスの運動論的数値モデリング, 日本地球惑星科学連合2009年大会, 幕張メッセ, 2009年5月.

  70. 梅田 隆行, ブラソフシミュレーションでジオスペースを解く, 日本物理学会 第64回年次大会, 立教大学, 2009年3月.

  71. 天野 孝伸, 関 華奈子, 三好 由純, 梅田 隆行, 松本 洋介, 海老原 祐輔, 齊藤 慎司, ドリフト近似されたVlasov-Maxwell方程式系を用いた 自己無撞着な内部磁気圏モデルの開発, 第124回地球電磁気・地球惑星圏学会, 仙台市戦災復興記念館, 2008年10月.

  72. 関 華奈子, 三好 由純, 天野 孝伸, 齊藤 慎司, 梅田 隆行, 松本 洋介, 海老原 祐輔, アルヴェリウス 幸子, GEMSIS-Magnetosphere: 宇宙嵐時の内部磁気圏変動の実証型モデリングに向けて 第124回地球電磁気・地球惑星圏学会, 仙台市戦災復興記念館, 2008年10月.

  73. 神代 天, 羽田 亨, 成行 泰裕, 梅田 隆行, 準平行伝播 Alfven波のパラメトリック不安定性のヴラソフシミュレーション: 波動の長時間発展と粒子加速, 第124回地球電磁気・地球惑星圏学会, 仙台市戦災復興記念館, 2008年10月.

  74. 三好 隆博, 草野 完也, 深沢 圭一郎, 松本 洋介, 梅田 隆行, 杉山 徹, 寺田 直樹, 加藤 雄人, 中村 琢磨, 篠原 育, 次世代電磁流体計算法の開発:磁場発散除去法について, 日本流体力学会 年会2008, 神戸大学, 2008年9月.

  75. 梅田 隆行, 寺田 直樹, 杉山 徹, 三好 隆博, 松本 洋介, 加藤 雄人, 深沢 圭一郎, 篠原 育, 荻野 竜樹, STPシミュレーションコード開発の将来展望と京速計算機, 日本地球惑星科学連合2008年大会, 幕張メッセ, 2008年5月.

  76. 杉山 徹, 篠原 育, 三好 隆博, 寺田 直樹, 梅田 隆行, 松本 洋介, 加藤 雄人, 深沢 圭一郎, STP分野におけるシミュレーション科学と京速計算機, 日本地球惑星科学連合2008年大会, 幕張メッセ, 2008年5月.

  77. 篠原 育, 梅田 隆行, 寺田 直樹, 杉山 徹, 三好 隆博, 松本 洋介, 加藤 雄人, 深沢 圭一郎, STP分野における数値シミュレーションの将来展望, 日本地球惑星科学連合2008年大会, 幕張メッセ, 2008年5月.

  78. 梅田 隆行, 篠原 育, 杉山 徹, 松本 洋介, 加藤 雄人, 三好 隆博, 深沢 圭一郎, 寺田 直樹, 荻野 竜樹, ペタスケールコンピューティングに向けたSTPシミュレーションコード開発, 日本地球惑星科学連合2008年大会, 幕張メッセ, 2008年5月.

  79. 天野 正明, 荻野 竜樹, 梅田 隆行, 太陽の自転を考慮した太陽風の3次元MHDシミュレーション, 日本地球惑星科学連合2008年大会, 幕張メッセ, 2008年5月.

  80. 梅田 隆行, Vlasov code simulations, 第122回 地球電磁気・地球惑星圏学会, 名古屋大学, 2007年9月.

  81. 田中 伸, 荻野 竜樹, 梅田 隆行, 太陽風中のアルヴェン波のパラメトリック不安定性, 第122回 地球電磁気・地球惑星圏学会, 名古屋大学, 2007年9月.

  82. 梅田 隆行, 高精度数値補間法とブラソフコード, 日本天文学会2007年秋季年会, 岐阜大学, 2007年9月.

  83. 田中 伸, 梅田 隆行, 荻野 竜樹, 松本 洋介, 無振動・保存型スキームを用いた新しいMHDシミュレーションコード, 日本天文学会2007年秋季年会, 岐阜大学, 2007年9月.

  84. 梅田 隆行, 振幅変調ラングミュア波に関する計算機実験, 日本地球惑星科学連合2007年大会, 幕張メッセ, 2007年5月.

  85. 田中 伸, 荻野 竜樹, 梅田 隆行, 太陽風中のAlfven波の崩壊不安定, 日本地球惑星科学連合2007年大会, 幕張メッセ, 2007年5月.

  86. 荻野 竜樹, 鳥居 潤, 塚本 隆啓, 深沢 圭一郎, 梅田 隆行, VRMLを用いた磁気圏の3次元動画作成, 日本地球惑星科学連合2007年大会, 幕張メッセ, 2007年5月.

  87. 近藤 淳太郎, 荻野 竜樹, 梅田 隆行, インヤン格子による磁気圏電離圏結合の3次元Hall-MHDシミュレーション, 日本地球惑星科学連合2007年大会, 幕張メッセ, 2007年5月.

  88. 梅田 隆行, Numerical interpolation schemes for Vlasov simulations, 第120回 地球電磁気・地球惑星圏学会, 相模原市産業会館, 2006年11月.

  89. 梅田 隆行, 大村 善治, 松本 紘, 宇宙プラズマ中の静電孤立波に関する計算機実験, 日本地球惑星科学連合2006年大会, 幕張メッセ, 2006年5月.

  90. 山崎 了, 梅田 隆行, Particle simulation of collisionless shocks with a shock-rest-frame model. I, 日本地球惑星科学連合2006年大会, 幕張メッセ, 2006年5月.

  91. 梅田 隆行, 大村 善治, 松本 紘, 静電孤立波からの電磁波放射に関する計算機実験, 第114回 地球電磁気・地球惑星圏学会, 富山大学, 2003年10月.

  92. 大村 善治, 松永 政孝, 梅田 隆行, Walter J. Heikkila, 松本 紘, 磁力線に平行な誘導電場に対する熱プラズマの応答過程, 第114回 地球電磁気・地球惑星圏学会, 富山大学, 2003年10月.

  93. 二宮 啓輔, 大村 善治, 梅田 隆行, 松本 紘, 宇宙プラズマ中での電子・イオンホール形成に関する計算機実験, 第114回 地球電磁気・地球惑星圏学会, 富山大学, 2003年10月.

  94. 岡田 雅樹, 大村 善治, 臼井 英之, 杉山 徹, 梅田 隆行, 松本 紘, 宇宙環境シミュレータ開発班, 地球シミュレータにおけるプラズマ電磁粒子コードの開発, 第114回 地球電磁気・地球惑星圏学会, 富山大学, 2003年10月.

  95. 二宮 啓輔, 大村 善治, 梅田 隆行, 松本 紘, 宇宙プラズマ中での電子・イオンホール形成に関する計算機実験, 地球惑星科学関連学会2003年合同大会, 幕張メッセ, 2003年5月.

  96. 梅田 隆行, P. H. Yoon, 大村 善治, 松本 紘, ブラゾフコードによるラングミュア高調波の計算機実験, 第112回 地球電磁気・地球惑星圏学会, 電気通信大学, 2002年11月.

  97. 梅田 隆行, 大村 善治, 松本 紘, 臼井 英之, 二次元開放形における静電孤立波の形成過程, 地球惑星科学関連学会2002年合同大会, 国立オリンピック記念青少年総合センター, 2002年5月.

  98. 梅田 隆行, 大村 善治, 松本 紘, 臼井 英之, 静電孤立波からの電磁波放射に関する計算機実験, 第110回 地球電磁気・地球惑星圏学会, 九州大学, 2001年11月.

  99. 梅田 隆行, 大村 善治, 臼井 英之, 松本 紘, 静電孤立波からの電磁波放射に関する二次元計算機実験, 地球惑星科学関連学会2001年合同大会, 国立オリンピック記念青少年総合センター, 2001年6月.

  100. 大村 善治, 二宮 啓輔, 梅田 隆行, 臼井 英之, 松本 紘, プラズマ中の電子・イオンビーム不安定性によって生成されるポテンシャル構造, 地球惑星科学関連学会2001年合同大会, 国立オリンピック記念青少年総合センター, 2001年6月.

  101. 梅田 隆行, 大村 善治, 臼井 英之, 松本 紘, 開放系二次元電磁粒子コードによる静電孤立波の計算機実験, 第108回 地球電磁気・地球惑星圏学会, 板橋区立文化会館, 2000年11月.

  102. 梅田 隆行, 大村 善治, 臼井 英之, 松本 紘, 開放形における静電孤立波の二次元電磁粒子シミュレーション, 地球惑星科学関連学会2000年合同大会, 国立オリンピック記念青少年総合センター, 2000年6月.

ポスター発表 (Poster Presentations)

  1. 齊藤 慎司, 成行 泰裕, 梅田 隆行, Shear Alfven wave turbulence: Particle-In-Cell simulation, 第144回地球電磁気・地球惑星圏学会, 名古屋大学東山キャンパス, 2018年11月.

  2. 中村 琢磨, 梅田 隆行, Study on the reconnection jet fronts based on fully kinetic simulations, 第144回地球電磁気・地球惑星圏学会, 名古屋大学東山キャンパス, 2018年11月.

  3. 梅田 隆行, 中村 琢磨, Electromagnetic linear dispersion relation for plasma with a drift across magnetic field revisited, 第144回地球電磁気・地球惑星圏学会, 名古屋大学東山キャンパス, 2018年11月.

  4. 辻根 成, 梅田 隆行, 成行 泰裕, 春木 孝之, Parameter tuning of a 5th order conservative and non-oscillatory scheme with super Gaussian distributions, 日本地球惑星科学連合2018年大会, 幕張メッセ, 2018年5月.

  5. 梅田 隆行, 和田 泰尚, Non-MHD effects in the nonlinear development of the MHD-scale Rayleigh-Taylor instability, 日本地球惑星科学連合2018年大会, 幕張メッセ, 2018年5月.

  6. 篠田 理人, 山崎 了, 梅田 隆行, プラズマ粒子シミュレーションを用いた無衝突衝撃波遷移層の構造のベータ依存性の研究, 日本天文学会2018年春季年会, 千葉大学, 2018年3月.

  7. 梅田 隆行, Multi-step Boris integrator for Lorentz force equation, Plasma Conference 2017, 姫路商工会議所, 2017年11月.

  8. 辻根 成, 春木 孝之, 成行 泰裕, 梅田 隆行, Parameter tuning of a 5th order Conservative and Non-oscillatory Scheme for Vlasov simulations, 第142回地球電磁気・地球惑星圏学会, 京都大学, 2016年10月.

  9. 和田 泰尚, 梅田 隆行, 町田 忍, レイリー・テイラー不安定性のブラソフシミュレーション, 日本地球惑星科学連合2016年大会, 幕張メッセ, 2016年5月.

  10. 神谷 慶, 関 華奈子, 齊藤 慎司, 天野 孝伸, 三好 由純, 松本 洋介, 梅田 隆行, Study on characteristics of drift resonance between outer radiation belt electrons and a monochromatic Pc5 wave based on GEMSIS-RC and RB simulations, 日本地球惑星科学連合2016年大会, 幕張メッセ, 2016年5月.

  11. 梅田 隆行, 上野 悟志, 中村 琢磨, Ion kinetic effects to nonlinear processes of the Kelvin-Helmholtz instability, 第138回地球電磁気・地球惑星圏学会, 東京大学, 2015年11月.

  12. 和田 泰尚, 梅田 隆行, 町田 忍, レイリー・テイラー不安定性のブラソフシミュレーション, 第138回地球電磁気・地球惑星圏学会, 東京大学, 2015年11月.

  13. 齊藤 慎司, 成行 泰裕, 梅田 隆行, Decaying whistler turbulence at ion scales: Particle-in-cell simulation, 第138回地球電磁気・地球惑星圏学会, 東京大学, 2015年11月.

  14. 梅田 隆行, 上野 悟志, 中村 琢磨, ケルビン・ヘルムホルツ不安定性におけるイオンジャイロ運動効果, 日本地球惑星科学連合2015年大会, 幕張メッセ, 2015年5月.

  15. 和田 泰尚, 梅田 隆行, 上野 悟志, 町田 忍, レイリー・テイラー不安定性のブラソフシミュレーション, 日本地球惑星科学連合2015年大会, 幕張メッセ, 2015年5月.

  16. 銭谷 誠司, 梅田 隆行, 磁気リコネクションの拡散領域についてのいくつかの考察, 第136回地球電磁気・地球惑星圏学会, キッセイ文化ホール, 2014年11月.

  17. 神谷 慶, 関 華奈子, 齊藤 慎司, 天野 孝伸, 三好 由純, 松本 洋介, 梅田 隆行, GEMSIS-RC,RBコードに基づく単波長Pc5波動による放射線帯電子のドリフト共鳴の効率について, 第136回地球電磁気・地球惑星圏学会, キッセイ文化ホール, 2014年11月.

  18. 上野 悟志, 梅田 隆行, 中村 琢磨, 町田 忍, ケルビン-ヘルムホルツ不安定性の非線形発展に対するイオンジャイロ運動の効果, 日本地球惑星科学連合2014年大会, パシフィコ横浜会議センター, 2014年4月.

  19. 上野 悟志, 梅田 隆行, 中村 琢磨, 町田 忍, ケルビン-ヘルムホルツ不安定性の非線形発展に対するイオンジャイロ運動の効果, 第134回地球電磁気・地球惑星圏学会, 高知大学, 2013年11月.

  20. 上野 悟志, 梅田 隆行, 中村 琢磨, 松本 洋介, 町田 忍, ケルビン-ヘルムホルツ不安定性の非線形発展に対するイオンジャイロ運動の効果, 日本地球惑星科学連合2013年大会, 幕張メッセ, 2013年5月.

  21. 伊藤 陽介, 梅田 隆行, 荻野 竜樹, 太陽風と弱磁場天体との相互作用に関するグローバルブラソフシミュレーション, 第132回地球電磁気・地球惑星圏学会, 札幌コンベンションセンター, 2012年10月.

  22. 梅田 隆行, 木谷 佳隆, 松清 修一, 低マッハ数垂直衝撃波の再形成, 日本地球惑星科学連合2012年大会, 幕張メッセ, 2012年5月.

  23. 梅田 隆行,大矢 宗平, OpenMPを用いたソーティングのスレッド並列化, 2012年ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム, 名古屋大学, 2012年1月.

  24. 木谷 佳隆, 梅田 隆行, 松清 修一, 荻野 竜樹, Modified two-stream instability at perpendicularshocks: Full particle simulations, 第130回地球電磁気・地球惑星圏学会, 神戸大学, 2011年11月.

  25. 伊藤 陽介, 梅田 隆行, 荻野 竜樹, Vlasov simulation of the interaction between the solar wind and a dielectric body with magnetic anomaly, 第130回地球電磁気・地球惑星圏学会, 神戸大学, 2011年11月.

  26. 成行 泰裕, 梅田 隆行, 羽田 亨, 太陽風アルフェン波シミュレーションのための新しい数値計算法:Vlasov-MHDモデルの開発, 日本地球惑星科学連合2011年大会, 幕張メッセ, 2011年5月.

  27. 伊藤 陽介, 梅田 隆行, 荻野 竜樹, 太陽風と局所的磁場を持つ誘電物体との相互作用に関する2次元ブラソフシミュレーション, 日本地球惑星科学連合2011年大会, 幕張メッセ, 2011年5月.

  28. 大野 永貴, 岩立 篤, 荻野 竜樹, 梅田 隆行, 惑星間磁場IMF Bz の時間的変化に対する地球磁気圏の応答, 日本地球惑星科学連合2011年大会, 幕張メッセ, 2011年5月.

  29. 津村 全, 梅田 隆行, 前澤 裕之, 荻野 竜樹, 超伝導ミクサ素子の設計のための数値シミュレーションコードの開発, 日本地球惑星科学連合2011年大会, 幕張メッセ, 2011年5月.

  30. 大川 勇, 長浜 智生, 荻野 瀧樹, 梅田 隆行, 成層圏水蒸気観測用準センチ波大気観測装置の開発, 日本地球惑星科学連合2011年大会, 幕張メッセ, 2011年5月.

  31. 梅田 隆行, 深沢 圭一郎, 成行 泰裕, 無衝突プラズマの超並列ブラソフシミュレーション, 2011年ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム, 産業技術総合研究所, 2011年1月.

  32. 梅田 隆行, 無衝突プラズマの超並列ブラソフシミュレーション, 次世代スーパーコンピューティング・シンポジウム2010, ニチイ学館, 2011年1月.

  33. 木谷 佳隆, 梅田 隆行, 荻野 竜樹, 松清 修一, On the reformation at a quasi-perpendicular shock: Full particle-in-cell simulation, 第128回地球電磁気・地球惑星圏学会, 沖縄県市町村自治会館, 2010年11月.

  34. 津村 全, 梅田 隆行, 荻野 竜樹, 前澤 裕之, Development of Numerical Simulation Code for THz-Band Superconducting Hot-Electron Bolometer Mixer Designing, 第128回地球電磁気・地球惑星圏学会, 沖縄県市町村自治会館, 2010年11月.

  35. 大野 永貴, 荻野 竜樹, 梅田 隆行, 惑星間磁場IMF Bzの時間的変化に対する地球磁気圏の応答, 第128回地球電磁気・地球惑星圏学会, 沖縄県市町村自治会館, 2010年11月.

  36. 梅田 隆行, 松本 洋介, 中村 琢磨, 加藤 雄人, 寺田 直樹, 深沢 圭一郎, 三好 隆博, 杉山 徹, 篠原 育, 荻野 竜樹, A future prospect on computer simulations of Geospace, 日本地球惑星科学連合2010年大会, 幕張メッセ, 2010年5月.

  37. 福永 航平, 成行 泰裕, 梅田 隆行, 電子ビーム不安定性で励起されたラングミュア波の非線形発展: イオン運動論効果, 日本地球惑星科学連合2010年大会, 幕張メッセ, 2010年5月.

  38. 深沢 圭一郎, 梅田 隆行, 荻野 竜樹, 田中 高史, 様々なスカラー型スーパーコンピュータを使った惑星磁気圏MHDシミュレーション, 日本地球惑星科学連合2010年大会, 幕張メッセ, 2010年5月.

  39. 木谷 佳隆, 梅田 隆行, 山尾 政博, 山崎 了, 荻野 竜樹, 衝撃波静止系による準垂直衝撃波の2次元粒子シミュレーション, 日本地球惑星科学連合2010年大会, 幕張メッセ, 2010年5月.

  40. 松清 修一, 梅田 隆行, 山崎 了, 大平 豊, 高ベータ準垂直衝撃波における電子加速, 日本地球惑星科学連合2010年大会, 幕張メッセ, 2010年5月.

  41. 津村 全, 梅田 隆行, 前澤 裕之, 荻野 竜樹, 超伝導HEBミクサ素子の設計・最適化のための数値シミュレーションコードの開発, 日本地球惑星科学連合2010年大会, 幕張メッセ, 2010年5月.

  42. 近藤 和哉, 荻野 竜樹, 梅田 隆行, 土星磁気圏ダイナミクスの3次元MHDシミュレーション, 日本地球惑星科学連合2010年大会, 幕張メッセ, 2010年5月.

  43. 天野 孝伸, 関 華奈子, 三好 由純, 梅田 隆行, 松本 洋介, 海老原 祐輔, 齊藤 慎司, 環電流粒子ダイナミクスの自己無撞着な運動論的数値シミュレーションモデル, 日本地球惑星科学連合2010年大会, 幕張メッセ, 2010年5月.

  44. 関 華奈子, 三好 由純, 齊藤 慎司, 宮下 幸長, 天野 孝伸, 松本 洋介, 梅田 隆行, 海老原 祐輔, GEMSIS-Magnetosphere:内部磁気圏高エネルギー粒子環境変動の実証型モデリング, 日本地球惑星科学連合2010年大会, 幕張メッセ, 2010年5月.

  45. 梅田 隆行, 深沢 圭一郎, 栂野 健太郎, 松本 洋介, 次世代ブラソフコードによるジオスペースシミュレーション, 2010年ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム, 工学院大学, 2010年1月.

  46. 梅田 隆行, 深沢 圭一郎, 栂野 健太郎, 松本 洋介, 中村 琢磨, 篠原 育, ブラソフモデルによる次々世代ジオスペースシミュレーション, 次世代スーパーコンピューティング・シンポジウム2009, 丸の内 MY PLAZA, 2009年10月.

  47. 山尾 政博, 梅田 隆行, 山崎 了, 荻野 竜樹, 低マッハ数無衝突垂直衝撃波における微視的不安定性, 第126回地球電磁気・地球惑星圏学会, 金沢大学, 2009年9月.

  48. 栂野 健太郎, 梅田 隆行, 荻野 竜樹, 磁気リコネクションの2次元ブラソフシミュレーション, 第126回地球電磁気・地球惑星圏学会, 金沢大学, 2009年9月.

  49. 天野 孝伸, 関 華奈子, 三好 由純, 梅田 隆行, 松本 洋介, 海老原 祐輔, 齊藤 慎司, 環電流粒子の自己無撞着な運動論的数値シミュレーション, 第126回地球電磁気・地球惑星圏学会, 金沢大学, 2009年9月.

  50. 筒井 寛典, 荻野 竜樹, 梅田 隆行, 磁気圏電離圏結合系の3次元Hall-MHDシミュレーション, 日本地球惑星科学連合2009年大会, 幕張メッセ, 2009年5月.

  51. 梅田 隆行, ジオスペースをブラソフシミュレーションで解く, プラズマ科学シンポジウム2009, 名古屋大学, 2009年2月.

  52. 栂野 健太郎, 梅田 隆行, 荻野 竜樹, GEMリコネクションチャレンジのブラソフシミュレーション, プラズマ科学シンポジウム2009, 名古屋大学, 2009年2月.

  53. 山尾 政博, 梅田 隆行, 山崎 了, 荻野 竜樹, 2次元衝撃波静止系コード, プラズマ科学シンポジウム2009, 名古屋大学, 2009年2月.

  54. 筒井 寛典, 荻野 竜樹, 梅田 隆行, 磁気圏電離圏結合の3次元Hall-MHDシミュレーション, プラズマ科学シンポジウム2009, 名古屋大学, 2009年2月.

  55. 天野 孝伸, 関 華奈子, 三好 由純, 梅田 隆行, 松本 洋介, 海老原 祐輔, 齊藤 慎司, 地球内部磁気圏の新しい自己無撞着数値計算モデルの開発, プラズマ科学シンポジウム2009, 名古屋大学, 2009年2月.

  56. 天野 正明, 荻野 竜樹, 梅田 隆行, Three-dimensional structure and dynamics of the solar wind with rotation of the Sun, 第124回地球電磁気・地球惑星圏学会, 仙台市戦災復興記念館, 2008年10月.

  57. 筒井 寛典, 荻野 竜樹, 梅田 隆行, グローバルHall-MHDシミュレーションによる磁気圏電離圏結合系の研究, 第124回地球電磁気・地球惑星圏学会, 仙台市戦災復興記念館, 2008年10月.

  58. 伊藤 和博, 荻野 竜樹, 梅田 隆行, 惑星間衝撃波到来による地球磁気圏ダイナミクスの変化, 第124回地球電磁気・地球惑星圏学会, 仙台市戦災復興記念館, 2008年10月.

  59. 神代 天, 羽田 亨, 成行 泰裕, 梅田 隆行, 準平行伝播Alfven波の自己変調不安定性のヴラソフシミュレーション, 第124回地球電磁気・地球惑星圏学会, 仙台市戦災復興記念館, 2008年10月.

  60. 山尾 政博, 梅田 隆行, 山崎 了, 荻野 竜樹, 2次元衝撃波静止系粒子コードの開発, 第124回地球電磁気・地球惑星圏学会, 仙台市戦災復興記念館, 2008年10月.

  61. 栂野 健太郎, 梅田 隆行, 荻野 竜樹, GEMリコネクションチャレンジのブラソフシミュレーション, 第124回地球電磁気・地球惑星圏学会, 仙台市戦災復興記念館, 2008年10月.

  62. 松本 洋介, 三好 隆博, 深沢 圭一郎, 梅田 隆行, 寺田 直樹, 関 華奈子, 次世代スーパーコンピュータで目指す 磁気圏グローバルMHDシミュレーション, 第124回地球電磁気・地球惑星圏学会, 仙台市戦災復興記念館, 2008年10月.

  63. 栂野 健太郎, 梅田 隆行, 荻野 竜樹, 磁気リコネクションの2次元ブラソフシミュレーション, 日本地球惑星科学連合2008年大会, 幕張メッセ, 2008年5月.

  64. 山尾 政博, 梅田 隆行, 山崎 了, 荻野 竜樹, 衝撃波静止系による垂直衝撃波の2次元粒子シミュレーション, 日本地球惑星科学連合2008年大会, 幕張メッセ, 2008年5月.

  65. 神代 天, 成行 泰裕, 羽田 亨, 梅田 隆行, 太陽風中を伝播する有限振幅磁気流体波のブラソフシミュレーション: Alfven波のパラメトリック不安定性解析, 日本地球惑星科学連合2008年大会, 幕張メッセ, 2008年5月.

  66. 天野 正明, 荻野 竜樹, 梅田 隆行, 太陽近傍における太陽風の3次元MHDシミュレーション, 第122回 地球電磁気・地球惑星圏学会, 名古屋大学, 2007年9月.

  67. 神代 天, 成行 泰裕, 羽田 亨, 梅田 隆行, 有限振幅磁気流体波動のブラソフシミュレーション, 第122回 地球電磁気・地球惑星圏学会, 名古屋大学, 2007年9月.

  68. 田中 伸, 梅田 隆行, 荻野 竜樹, 太陽風中の大振幅Alfven 波のシミュレーション研究, 第120回 地球電磁気・地球惑星圏学会, 相模原市産業会館, 2006年11月.

  69. 梅田 隆行, 山崎 了, Particle simulation of collisionless shocks with a shock-rest-frame model. II, 日本地球惑星科学連合2006年大会, 幕張メッセ, 2006年5月.

  70. 梅田 隆行, M. Ashour-Abdalla, and D. Schriver, Comparison of numerical interpolation schemes for one-dimensional electrostatic Vlasov code, 第118回 地球電磁気・地球惑星圏学会, 京都大学, 2005年9月.

  71. 梅田 隆行, 大村 善治, 三宅 壮聡, 松本 紘, M. Ashour-Abdalla, Nonlinear evolution of electron two-stream instability: Two-dimensional particle simulation, 第116回 地球電磁気・地球惑星圏学会, 愛媛大学, 2004年9月.

  72. 臼井 英之, 岡田 雅樹, 杉山 徹, 大村 善治, 梅田 隆行, 松本 紘, 宇宙環境シミュレータ開発チーム, 宇宙環境シミュレータの開発とイオンエンジン放出ビームと磁気圏プラズマの相互作用に関する研究, 第114回 地球電磁気・地球惑星圏学会, 富山大学, 2003年10月.

  73. 梅田 隆行, 大村 善治, 松本 紘, 静電孤立波からの電磁波放射に関する計算機実験, 地球惑星科学関連学会2003年合同大会, 幕張メッセ, 2003年5月.

  74. 岡田 雅樹, 臼井 英之, 篠原 育, 大村 善治, 松本 紘, 杉山 徹, 上田 裕子, 村田 健史, 梅田 隆行, 宇宙環境シミュレータによる飛翔体環境シミュレーション, 地球惑星科学関連学会2003年合同大会, 幕張メッセ, 2003年5月.

  75. 二宮 啓輔, 大村 善治, 梅田 隆行, 松本 紘, 宇宙プラズマ中での電子・イオンホール形成に関する計算機実験, 地球惑星科学関連学会2002年合同大会, 国立オリンピック記念青少年総合センター, 2002年5月.

  76. 梅田 隆行, 大村 善治, 松本 紘, 臼井 英之, 開放系プラズマにおける静電孤立波の形成, 第5回シミュレーションサイエンス・シンポジウム, 国立核融合科学研究所, 2001年12月.

  77. 梅田 隆行, 大村 善治, 松本 紘, 臼井 英之, 開放形における静電孤立波の二次元電磁粒子シミュレーション, 第25回極域における電離圏磁気圏総合観測シンポジウム, 国立極地研究所, 2001年7月.