総合学習 中高生向けページ

HOME›総合学習 中高生向けページ

総合学習・体験学習のご案内

平素より宇宙地球環境研究所へのご理解、ご協力を誠に有難うございます。
宇宙地球環境研究所では、本研究所をより身近に感じていただく機会として、中高生の皆さんを対象にした総合学習や体験学習等の受け入れを実施しています。

お申し込みの際は、あらかじめ、下記「総合学習(体験学習)実施要項」をご覧いただきますようお願いいたします。皆さんからのお申し込みをお待ちしています。

本年度の実施

11月には、名古屋大学附属中学校、高等学校の皆さんの来訪がありました。
みなさん、事前に予習してきたことについて熱心に先生方の説明を聞き、受け答えしている姿が印象的でした。その風景の一コマをここでご紹介します。

▶今回の学習テーマ:オーロラ

オーロラは綺麗なものだと思うけど科学的にみるとどうなんだろう? 実は太陽やコロナ、磁場と大きく関わっていて面白そう。もっと詳しく調べてみたいです。

いつもは一般向けの講演会などで使用するスライドを使って説明するのですが、こちらの熱が入ると説明が早くなりすぎて、聞いている方がついていけなくなることが多いので、今回はあえてそれはせず、紙と鉛筆でその場で図を書きながら説明しました。事前にたいへんよく勉強されてきていて、質問が整理されていたので、このような方法でも回答がしやすかったです。(担当:塩川教授)
▶今回の学習テーマ:地球温暖化

最近、テレビやネットで地球温暖化が問題になっているけど、二酸化炭素などの温室効果ガスの増加が原因みたい。二酸化炭素はこのあとも増え続けるみたいだけど、地球温暖化が注目されるのはどうして?

地球環境問題は、遠い世界の問題ではなく、我々の暮らしに直接影響を与える問題です。そしてその影響は年々深刻化するため、若い人ほど影響をうける問題です。今回の体験学習では、「温暖化は自分の将来に直接影響する問題」であることを理解してもらえるよう、水問題、食糧危機など幅広い話題を取り上げました。今後も、質問に回答すると同時に、皆さんの探究心や好奇心を刺激するような話題も提供していきたいと思います。(担当:栗田准教授)
今回の学習テーマ:電波望遠鏡

地球外生命体のことを知りたい!人は望遠鏡を使うことで宇宙にどれだけことを知ることができるんだろう? 先生はなぜ電波望遠鏡について研究しようと思ったのですか? また、一番印象に残っていることはなんですか?

今回あなたが興味をもった地球外生命と電波望遠鏡という組み合わせは決して奇抜なものではなく、電波天文学の中で古くから行われているものです。そういう切り口から電波で宇宙を探るおもしろさをわかってくれたらいいなと思いました。これからも素朴な疑問を大切にして勉強していってください。(担当:徳丸教授)
今回の学習テーマ:オーロラ

学校で真空放電の実験は行いましたが、今後の実験について助言があればお願いします。オーロラの色が多色になる原因について教えてください。

今回の高校生の訪問では、高校から特に細かい指定はなかったので、高校生の主体性を重視しているのだと感じました。個人的には、知識を詰め込むよりも「考えるプロセス」を大事にしたいので、そのように進めることにしました。質問を準備して当日説明することは、いろんな良い点があります。実は素朴な疑問は核心を突いていることが多いものです。当日は、オーロラの色や音について、一緒に議論することによって、私の理解も深まりました。(担当:家田助教)

総合学習(体験学習)実施要項

I. 申込方法

「総合学習(体験学習)申込書」を下記申し込み先宛に、メールまたはFAXでお送りください。

  1. 原則、遅くとも1か月前までにお申し込みをお願いいたします。
  2. 日程調整後、受入れの可否をお返事させていただきます。日程や内容によってはお受けできない場合がございますので,あらかじめご了承ください。
    〈土・日・祝日、夏季一斉休業日、年末年始(12/29~1/3)は受付できません。 そのほか、入試や大学行事などの繁忙期はお断りする場合がございます。〉
  3. 個人的な訪問は受け付けておりませんのでご了承ください。
  4. 生徒の皆さんのみの訪問も受け付けていますが、必ず、総合学習ご担当の先生の許可があることを前提といたします。
II. 訪問にあたっての注意事項
  1. 原則、公開施設以外の建物内への立ち入りは禁止しております。担当教職員の指示に従ってください。
  2. 訪問に際して、生徒の皆さんのトラブル、事故等に関しては、本研究所では一切の責任を負いかねますので、あらかじめ保険の加入をおすすめします。
III. ご担当教員の皆様へ
  1. 学習テーマについては、下記キーワードから選択してください。また、キーワードを選んだ理由を記述してください。
赤潮暗黒物質暗黒物質の直接測定
アンテナ宇宙嵐宇宙線生成核種
宇宙線の起源宇宙線の相互作用宇宙天気予報
宇宙天気エアロゾル永久凍土
衛星リモートセンシング(海洋観測)衛星リモートセンシング(雲降水観測)液体キセノン
沿岸環境大雨(集中豪雨)オーロラ
オゾン層(成層圏オゾン)オゾン層破壊物質温室効果ガス
海洋海 流・波浪過去の宇宙線活動
環境史ガンマ線ガンマ線衛星
気候変動 気象レーダー雲解像数値モデル
雲粒・雨粒・雪結晶小型衛星シベリア
人類史スーパーカミオカンデ星間化学
赤外線積乱雲大気光
大気ラジオメータ 台風太陽嵐
太陽高エネルギー粒子太陽黒点・周期太陽中性子
太陽風太陽面爆発太陽中性子望遠鏡
炭素14年代チェレンコフ望遠鏡地球温暖化
地球温暖化と海地球史地磁気
CHIME年代超伝導検出器電波(HF、VHF、UHF)
電波(マイクロ波、ミリ波、サブミリ波、テラヘルツ波)電波望遠鏡電波望遠鏡開発
南極ニュートリノ年代測定
フーリエ変換赤外分光光度計(FTIR)プランクトンフロン
放射線帯北極モンゴル
モンスーン
  1. 「申込書」は一人一枚ですが、同じ学習テーマの皆さんは、グループでの申込をお願いします。
  2. 学習テーマの絞り込みに、本研究所発行の「50のなぜ」シリーズをご活用ください。 ホームページの「キーワード検索」を利用して、興味のあるテーマの絞り込みができます。
    50のなぜ
  3. 総合学習中に本研究所が撮影した写真や学校名を、本研究所が作成する広報冊子やホームページ等に掲載させていただくことがありますので、ご了承ください。
  4. 参加申込みにより得られた個人情報は、本企画の運営また、参加状況の統計の際に使用し、他の目的には使用しません。
IV. 様式ダウンロード

各種イベントのご案内

宇宙地球環境研究所では、6月の名大祭開催期間に、研究所を一般公開しています。 また、公開セミナーなども定期的に開催していますので、ぜひご参加ください。 各種イベント情報は以下のURLからご覧いただけます。
イベント情報

お申し込み・お問合せ先

名古屋大学研究所事務部総務課総務グループ 宇宙地球環境研究所広報担当

住所
〒464-8601 名古屋市千種区不老町
TEL
052-747-6306
052-789-3466
FAX
052-747-6313
E-mail
isee-kouhoadm.nagoya-u.ac.jp