名古屋大学 宇宙地球環境研究所
宇宙線研究部(CR 研究室)

新着記事

  • 周啓東さんが日本物理学会若手奨励賞を受賞されました ()
    2018年度宇宙線研究室卒業の周啓東さんが第13回(2019年)日本物理学会若手奨励賞(宇宙線・宇宙物理領域)を受賞されました。LHCf実験とATLAS実験のふたつの測定器を同時に用いた測定成果です。
  • 宇宙を学べる大学(2018年度版) ()
    「宇宙を学べる大学」の2018年度版に名古屋大学宇宙線物理学研究室(CR研)の情報を掲載しました。CR研では9名の教員が学部講義や配属される4年生の教育を担当し、素粒子物理学的手法や宇宙線観測を通じた宇宙と素粒子の研究を行なっています。
  • 2019 年大学院入試二次募集 ()
    名古屋大学大学院 素粒子宇宙物理学専攻 宇宙地球物理系の大学院入試(2019年度入学)二次募集が2019年1月26日(土)に行われます。大学院で宇宙や素粒子について宇宙線物理学を通じて研究したい意欲ある学生を募集します。
  • CTA大口径望遠鏡の完成式典 ()
    チェレンコフ望遠鏡アレイ(Cherenkov Telescope Array、CTA)の大口径望遠鏡(Large-Sized Telescope、LST)1号機の完成記念式典が、スペイン領カナリア諸島のラ・パルマ島にて2018年10月10日に開かれました。名古屋大学は焦点面カメラや光学系の開発に参加しています。
  • 2018 年大学院入試 ()
    2018 年の名古屋大学大学院 素粒子宇宙物理学専攻 宇宙地球物理系の大学院入試(2019 年度入学)の説明会が 6/2(土)に開催されます。自己推薦入試は 7/14(土)〜7/15(日)、一般選抜入試は7/30(月)〜8/1(水)に開催されます。大学院で宇宙や素粒子といった研究を宇宙線物理学を通じて研究した学生を募集します。

宇宙線物理学研究室(CR 研)について

名古屋大学宇宙地球環境研究所の宇宙線研究部は、大学院理学研究科素粒子宇宙物理学専攻の宇宙線物理学研究室(通称:宇宙線研究室、CR 研)として大学院生を受け入れています。実験と観測による宇宙線物理学の研究を軸として、素粒子物理学、太陽物理、系外惑星探査、宇宙線による地球環境への影響、ガンマ線天文学と、その研究テーマは多岐にわたります。

研究室の詳細は「CR 研について」をご覧ください。また大学院入試の案内は「大学院案内」をご覧ください。

研究室の運営は、幅広い研究内容を支える 9 人の教員によって行われます。学部で配属される 4 年生の指導、博士前期課程(修士課程)および博士後期課程の指導を担当し、平均して毎年 20 名以上の学部生・大学院生が在籍する大きなグループです。所属する教員については「構成員」をご覧ください。

CR 研での研究

CR 研では様々な研究分野で多くの実験プロジェクトを進めています。

LHCf実験
LHC加速器を使い、陽子や原子核同士の衝突による中性粒子の生成断面積などを測定し、宇宙線が大気に衝突する際に起こす大気シャワーのモデル不定性を小さくすることで、宇宙線核子組成の謎を明らかにします。
太陽中性子観測
太陽フレアでの陽子加速機構の解明
スーパーカミオカンデ(Super-Kamiokande)
高エネルギー宇宙ニュートリノの探索
MOA重力レンズ探索
重力マイクロレンズ効果による暗黒物質と太陽系外惑星探索
年輪中炭素14測定
古代の太陽活動周期の解読
XMASS実験
宇宙暗黒物質の直接探索
宇宙ガンマ線観測
フェルミ衛星を用いた超新星残骸による宇宙線加速の研究、星間物質の研究、暗黒物質探査などを行っています。また将来計画としてチェレンコフ望遠鏡アレイ計画の装置開発を進めています。