menu

野澤悟徳准教授および三好由純准教授が、田中舘賞を同時に受賞

2017-06-19

平成29年5月22日に地球電磁気・地球惑星圏学会の総会において、電磁気圏研究部の野澤悟徳准教授および統合データサイエンスセンターの三好由純准教授が、田中舘賞を同時受賞しました。田中舘賞は、地球電磁気及び地球惑星圏科学において顕著な学術業績をあげたものに対して地球電磁気・地球惑星圏学会が授け、これを表彰するものです。受賞研究題目は、野澤准教授は、「EISCATレーダー及びNaライダー観測による極域上部中間圏・下部熱圏変動の研究」、三好准教授は「磁気圏におけるプラズマ粒子の輸送・加速過程、およびプラズマ波動・粒子相互作用過程によるエネルギー階層間結合の研究」です。

DSC_3734.JPG