menu

学部教育・大学院教育


 

宇宙地球環境研究所における教育について

/pub/student/2021_graduate_schools_guide_cover.png
2021年4月入学生向け

本研究所では、母体となった3つの研究所、すなわち、太陽地球環境研究所が行なってきた理学研究科及び工学研究科における大学院教育、そして地球水循環研究センター及び年代測定総合研究センターが担ってきた環境学研究科における大学院教育を継承します。そして理学研究科、工学研究科、環境学研究科の大学院生が最先端の研究を通して互いに連携し、地球・太陽・宇宙を1つのシステムとして捉えることができる他にない分野融合型の教育研究環境を提供します。大学院生は以下の研究科・専攻に所属することにより、本研究所で教育を受け研究を進めることができます。詳細は各々の研究科・専攻のページを参照してください。

なお、各研究室の詳細については、当研究所が発行している大学院案内を参考にしてください。

宇宙地球環境研究所の大学院生が所属する研究科・専攻・分野

研究所の基盤研究部と、研究科・専攻・研究室/研究グループ/講座との対応表

指導教員ごとに学生の所属研究科は異なります。本サイトの情報をお読みになったうえで、受験先を決める際にはまず希望教員と相談することをお勧めします。

博士課程教育リーディングプログラム

名古屋大学では、これからの宇宙を切り開く人材を育成する「フロンティア宇宙開拓リーダー養成プログラム」を平成24年度から開始しました。このプログラムでは、宇宙理工学を志す大学院生に対して修士課程から経済支援をともなう5年一貫の教育を実施することにより、プロジェクトを率いる力を持つ国際的研究開発リーダーとして産学官で活躍できる優秀な人材を宇宙利用・開発をはじめとする多様な分野に輩出することを目指しています。

コースツリー

宇宙地球環境研究所の各研究室・研究者一覧

TANSETRON2
理学研究科

理学研究科素粒子宇宙物理学専攻宇宙地球物理系の博士前期課程では1学年あたり16名程度の大学院生を募集しています。学生の受け入れは各研究室単位になります。入学者の選抜方法には自己推薦入試と一般選抜入試の2種類があります。 年度により2次募集を実施することもあります。後期課程の募集人員は8名です。前期課程を修了した受験者には前期課程の成績と修士論文調査に基づく判定が行われます。他大学などからの受験者には学力試験(修士論文又はそれに代わる既発表や発表予定の研究論文の講演及び口術試験)を行います。募集要項は11月下旬頃から配布予定です。詳細は、『 理学研究科の入試情報ページ 』、また物理学教室の『 大学院入学を目指す方へ 』をご参照ください。

※専攻再編(文部科学省に認可申請中)に伴い、2022 年4 月より専攻および系の名称が変わる可能性があります。

研究室・研究者一覧

工学研究科

宇宙地球環境研究所の工学研究科の博士前期課程学生募集は、電気工学専攻で行われます。詳しくは同専攻のホームページを参照してください。希望研究室は、電気電子情報工学系(電気工学、電子工学、情報・通信工学の3専攻)の中で第3志望まで選択ください。 博士前期課程修了者はもちろん他大学などからの積極的な博士後期課程志願者を募集してます。詳しくは『 受験生の方へ 』をご参照ください。

研究室・研究者一覧

環境学研究科

環境学研究科地球環境科学専攻は地球惑星科学系と大気水圏科学系から構成されており、志望する講座・研究室により受験すべき系統が異なりますので注意してください。地球年代学研究室および環境史学研究室は地球惑星科学系地球史学講座、気象学研究室、雲降水科学研究室、大気化学研究室、水文気候学研究室、海洋学研究室は大気水圏科学系地球水循環科学講座を受験してください。詳細は環境学研究科の募集要項をご参照ください。

  1. 地球惑星科学系Webページ
  2. 大気水圏科学系Webページ

研究室・研究者一覧

理学研究科 素粒子宇宙物理学専攻 宇宙地球物理系の入試・教育

本研究所の教員は、理学研究科素粒子宇宙物理学専攻の協力教員として宇宙地球物理系の大学院・学部教育に携わっています。

大学院教育カリキュラム

  1. 2021年度理学研究科素粒子宇宙物理学専攻宇宙地球物理系 シラバス
  2. ※「学科・専攻」は素粒子宇宙物理学専攻(宇宙地球物理系)(G30含む)、「開講年度」は2021年度を選択し、その他は未記入で検索ボタンを押して下さい。

  3. 2021年度 授業コースツリー・時間割
  4. ※大学院授業>素粒子宇宙物理学専攻(宇宙地球物理系)をご覧ください。

大学院入試情報

【2022年度大学院生募集について重要なお知らせ】
※名古屋大学大学院理学研究科では、研究・教育のさらなる充実と発展のため、 令和4年4月からの専攻再編を目指して専攻再編を文部科学省に認可申請しており、認可後に募集要項の詳細が決まります。そのため、本年度に実施する入試の募集開始時期、日程等は例年より遅くなる見通しです。
最新情報は入試関連ウェブサイト等で公開しますので、随時ご確認ください。
< 入試日程一覧 >

  1. 理学研究科 入試案内
  2. 物理系研究室入試案内

【2021.5.13更新情報】

R3年度名古屋大学大学院理学研究科物理系研究室説明会・入試説明会

    5月29日(土)に、全体説明会および研究室別説明会が下記のとおり実施されます。
■全体説明会
  1. 日時:2021年5月29日(土) 13:00開始
  2. 場所:名古屋大学 東山キャンパス 坂田・平田ホール(理学南館)
      (オンライン配信も行います)

※新型コロナウィルスの状況によっては、延期もしくは開催形式等が変更になる可能性がありますので、随時、ウェブサイトにて最新情報をご確認ください。
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)における名古屋大学の活動指針における学生の入構制限が、5月24日時点でレベル3以上の場合は、全面的にオンラインで実施します。

説明会は申込が必要です。詳細については以下のサイトをご覧ください。
R3 年度名古屋大学大学院理学研究科物理系研究室説明会・入試説明会

工学研究科 電気工学専攻 宇宙電磁環境工学講座の入試・教育

本研究所の教員は、工学研究科電気工学専攻の協力教員として大学院・学部教育に携わっています。

大学院教育カリキュラム

  1. 大学院教育
  2. 大学院シラバス
  3. 時間割

大学院入試情報

【2022年度大学院生募集について重要なお知らせ

 新型コロナウィルスの状況によっては、延期もしくは開催形式が変更等になる可能性もあります。 入試に関する詳細および募集要項は、随時、下記電気工学専攻ページをご参照ください。

  1. 工学研究科 入試案内

R3年度名古屋大学大学院工学研究科大学院説明会

3月の説明会は終了しました。

環境学研究科地球環境科学専攻
大気水圏科学系 地球水循環科学講座と地球惑星科学系 地球史学講座 の入試・教育

本研究所の教員は、理学研究科素粒子宇宙物理学専攻の協力教員として宇宙地球物理系の大学院・学部教育に携わっています。

大学院教育カリキュラム

  1. 教育目標とシラバス

大学院入試情報

【2022年度大学院生募集について重要なお知らせ】

 新型コロナウィルスの状況によっては、延期もしくは開催形式が変更等になる可能性もあります。 入試に関する詳細および募集要項は、随時、以下のホームページで最新情報をご確認ください。

  1. 環境学研究科 入試案内
  2. 環境学研究科地球環境科学専攻 入試案内

R3年度名古屋大学大学院環境学研究科大学院説明会

5月の説明会は終了しました。

2021年5月15日(土)13時からオンラインで大学院説明会を開催します。詳細については以下のサイトをご確認ください。
http://www.env.nagoya-u.ac.jp/admission/setsumei/setsumei.html