menu

宇宙の電磁波が地上に伝わる"通り道"を可視化することに成功! ~国際協力による同時多地点観測から,電磁波の約5万キロに 及ぶ旅路を解明~

2021-12-10

統合データサイエンスセンター 三好由純教授、国際連携研究センター塩川和夫教授らは、金沢大学 松田昇也准教授らとの国際研究グループによる、JAXA あらせ衛星、米国NASA Van Allen Probes衛星、PWING磁力計ネットワーク、CARISMA磁力計ネットワークとの連携観測によって電磁イオンサイクロトロン波動が発生する領域を明らかにするとともに、磁気圏から電離圏へと向かう電波の通り道の存在を世界で初めて明らかにし、電磁イオンサイクロトロン波動が地上へと伝わる仕組みを解明しました。

論文情報:
Matsuda, S., Y. Miyoshi, Y. Kasahara, L. Blum, C. Colpitts, K.Asamura, Y. Kasaba, A. Matsuoka, F. Tsuchiya, A. Kumamoto, M.Teramoto, S. Nakamura, M. Kitahara, I. Shinohara, G. Reeves, H.Spence, K. Shiokawa, T. Nagatsuma, S. Oyama, and I. R. Mann,Multipoint Measurement of Fine-Structured EMIC Waves by Arase, Van Allen Probe A and Ground Stations,
Geophys. Res. Lett., 48, e2021GL096488, doi:10.1029/2021GL096488, 2021
https://agupubs.onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1029/2021GL096488

名古屋大学からのプレスリリース
https://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/upload_images/20211209_isee.pdf

ERGサイエンスセンター
https://ergsc.isee.nagoya-u.ac.jp/

PWINGプロジェクト
https://www.isee.nagoya-u.ac.jp/dimr/PWING/