menu

就職状況

人生は思いもよらないことだらけ

素粒子宇宙物理学専攻博士後期課程3年

矢田(旧姓:椋本)ひかり

2017 年 3 月
環境学研究科 博士前期課程修了
所属:住友重機械工業株式会社
パワートランスミッションコントロール事業部 
管理部企画G

大学に入学した当初は、4年で卒業して卒業後は公務員になりたいと考えていました。しかし、大学4年生で研究室に配属され、実験をしたり論文を読んだりしているうちに、1年間の研究だけではつまらない、もっと続けてみたいと思うようになりました。当時、私は火葬古人骨を用いた年代測定や食性解析に関する研究をしており、歴史を紐解く鍵になるその研究にロマンを感じていましたし、今でもとても面白い研究をしていたと思います。 結局のところ進学した大学院では、学会に出席する機会を多く与えていただきました。いくつかの学会で受賞したり、誰かに認められるようになるうちに、人前に出て話をしたり、価値があると自信を持って言えるものを人に紹介したりすることに、やりがいを感じている自分に気がつきました。卒業後は技術営業の仕事がしたいと考えるようになり、住友重機械工業という会社に縁あって就職しました。しかし、入社早々技術営業の配属がなくなるというサラリーマンの現実に直面。今私は、グローバルサプライチェーンを最適化したり、海外のサプライヤーを開拓したりする部署で働いており、学生時代には想像もできなかった生活を送っています。 仕事の進め方、人との関わり方、社会に出て不可欠な素養の多くを研究室での生活を通して学びました。人生は思いもよらないことの連続でどのような方向に進むかは分かりませんが、研究生活を通して社会の荒波を生き抜く力を蓄えられたと思っています。