menu

X線天文衛星「ひとみ」とChubuSat打ち上げ成功(写真提供 JAXA)

2016-03-31

photo-201602.jpgX線天文衛星ひとみ(ASTRO-H)と超小型衛星ChubuSat-2が、2月17日に種子島宇宙センターからうちあげられました。ISEEメンバー は、ひとみ搭載の軟ガンマ線検出器(SGD)とChubuSat-2搭載の放射線検出器の開発において中心的な役割を果たしています。SGDは、60から 600 keVのエネルギー領域の宇宙ガンマ線観測で従来の10倍程度の感度を実現します。ChubuSat-2搭載の放射線検出器は、ひとみ軌道上の放射線(高 エネルギーの陽子、核子、中性子、ガンマ線)を観測します。

関連リンク:<http://fanfun.jaxa.jp/countdown/astro_h/>