8. 南極大陸が他の大陸と離れているのはなぜ?

南極大陸の大部分は氷におおわれ、露岩地帯は全体の5%にすぎません。この露岩地帯の地質を調査した結果、南極は南アメリカ、アフリカ、インド、オーストラリアとひと続きの超大陸として、約6億年前に誕生したという「ゴンドワナ大陸」の説が出されました。そして、ゴンドワナ大陸は1億8000万年前から分裂し始めて、南極大陸以外の大陸が離れて、現在のように、南極大陸が太平洋、大西洋、インド洋に囲まれて孤立することになったのです。

ゴンドワナ大陸説の証拠は、これらの大陸の地質構造や化石の分布などがよく似ていること。なかでも、南極横断山地で発見されたグロソプテリスの植物化石がインドでも発見されたことや、リストロサウルスなどの爬虫類の化石がインド、アフリカ、オーストラリアで発見されたことが有力な証拠です。

ゴンドワナ大陸の復元図。Studied Area:日本隊の調査地域
(Lawver et. al., 1985による)