8. 宇宙線はどのくらいの数やってくるの?

宇宙線は宇宙から地球にどの位の数、飛んでくるのでしょうか?皆さんのお部屋にある勉強机の上には、1秒間におよそ140個位降り注いでいます。でもこれで驚いてはいけません。スペースシャトルに乗って宇宙空間に行くと、宇宙線は地表より100倍多くやってきているのです。宇宙では宇宙線が無数に飛び交っています。それに比べれば、君たちの机の上に飛んでくる140個は、ほんのわずかなのです。

それでは、なぜ地表で測ると、宇宙線の数は100分の1にまでなってしまうのでしょうか?それは、多くの宇宙線が地球の大気の中で、吸収されてしまうからです。地球の大気は、生命に有害な紫外線を吸収するだけでなく、宇宙線も吸収しているということです。

ここまでの話を整理しておきましょう。

宇宙線はー

  1. 宇宙から飛んでくる粒子である。
  2. 小さいので、肉眼では見ることができない。
  3. 霧箱で見ることができる。
  4. 光の速さで飛んでくる。
  5. 大気で吸収される。
  6. 電機を持っている。
  7. 透過力があり、建物の中にも入ってくる。