49. 貿易風とは?

大航海時代の船乗りたちは、熱帯では絶えず東風が吹くことを知っており、それを貿易風と呼んでいました。その背後にある壮大な大気の動きを見抜いたのは、18世紀英国の気象学者ジョージ・ハドレーでした。赤道付近で暖められ上昇した大気は、上空を南北に移動し、やがて亜熱帯で再び降下して、その後地表付近を這うように赤道方面に戻っていきます。そのとき、地球自転の効果により、赤道から離れていく上空の風は次第に西風へと向きを変え、反対に海上を赤道に戻る気流は東寄りの風となるのです。この現在ハドレー循環と呼ばれる大規模な大気の流れを仲立ちとして、赤道付近の東風(貿易風)と中緯度帯を吹き荒ぶ西風(偏西風)は同じコインの裏表をなしているということができます。